新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

オレ、カエルやめるや」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

オレ、カエルやめるや 文:デヴ・ペティ
絵:マイク・ボルト
訳:小林 賢太郎
出版社:マイクロマガジン社
税込価格:\1,760
発行日:2017年11月25日
ISBN:9784896376760
評価スコア 4.44
評価ランキング 11,217
みんなの声 総数 71
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 濡れててぬるぬるなのがいやだから、
    カエルでいるの、やめようかな、という子供のカエル。
    それを「他のものにはなれない」と諭すお父さんカエル。

    子供に諦めさせることを覚えさせようとしているのか、
    違うものにはなれないのだから、
    自分らしくいることを考えるよう諭しているのか、
    凄くギリギリの線の内容だなと感じました。

    最終的にはお父さんからではなく、
    他の生きものからの意見で、
    カエルでいることになるのですが・・・

    ちょっと消極的な終わり方に感じてしまうので、
    もっとポジティブな内容展開になるといいのになと思いました。

    投稿日:2018/03/26

    参考になりました
    感謝
    3
  • カエルはカエルでいいんだよね。

    カエルの子供が、
    いろんな生き物になりたがりますが、
    お父さんは、無理だと言ってばかり。

    カエルの子は
    自分の嫌なところをあげていきますが
    ひょんな事から、それって悪いことばかりじゃないと
    自分を肯定できるようになります。

    親子の軽快な会話は読みやすかったです。

    小学生くらいになると
    子供の成長にも個性が見えてきて
    人を羨んだり、
    自分を恥ずかしく思ったりと
    複雑な感情が芽生えてきます。

    そういう年代に、
    読んであげて考えてもらいたい
    絵本だと思いました。

    投稿日:2017/12/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • ユーモアたっぷりで楽しい

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子4歳

    かる〜い感じで、「オレ、カエルやめるや。」という息子と、さとすパパ。ねこ、うさぎ、オオカミ、これになったら、〇〇できないよ?と上手にお話していくのがユーモアたっぷりで楽しい。
    子どもの言葉をばかにせず、一喝せずつきあうパパが素敵です。

    投稿日:2017/12/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • テンポがいい

    6歳の娘と一緒に読みました。
    この絵本、かえるの絵本の親子の掛け合いがとっても面白くて、またテンポがよいのでどんどん読めますね。
    娘と一緒にケラケラ笑いながら読みました。
    お互いにセリフを読むような感じで読みあったりしてとても楽しかったです。
    陽気なかえる親子、かわいいです。

    投稿日:2017/12/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 深い内容

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    カエルをやめて豚やフクロウなど他の動物になりたいと思っている、カエルの子ども。それをお父さんが止めます。理由はいろいろありますが、一番の理由は「カエルだから」
    他の誰かになりたいって、一度は思った経験あると思います。特に若いころは。でも、結局、誰にもなれない。だって、自分は自分でしかないから。
    ちょっとおふざけっぽいテイストですが、実は深い内容だと思います。子どもにもいろいろ感じてほしいです。

    投稿日:2017/12/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • …になれなくても素敵

    幼い頃には、それが可能か不可能かなどとは一切考えずに、「大人になったら…になる」と無邪気に夢みていまいました。

    でも、だんだんに、自然に、その夢を忘れたり、諦めたりする人の方が、多いように思います。そして、小さいときの夢は…だったな…と急に、思い出したりして。

    この絵本は、それが、別に悪いことではないよと教えてくれる絵本のような気がします。

    投稿日:2017/11/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自分のいいところに気づく大切さ。

    幼稚園で、虫やカエルをたくさん捕まえる
    息子。虫かごいっぱいのカエルを見たときは
    さすがにゾッととしましたが…

    そんなわけで、かわいいカエルの表紙を
    気に入った様子の我が子。
    でも、読んでみると、カエルの子は
    カエルをやめたいって?

    どうしてやめたいの?と聞くお父さんとの
    やり取りが、とても微笑ましいですね。

    ぬれてるのがイヤ、虫を食べるのがイヤ、と
    カエル独特の理由が次々出てきて。
    なりたい動物も、ウサギやブタやフクロウ…
    といろいろでした。

    でも、お父さんと話しては諦めて、
    そして最後に出てきた、彼の言葉!!
    衝撃的でした(笑)。

    もうきっと、カエルやめて他の動物に
    なりたい、なんて言わないでしょうね。


    ちなみに、息子はライオンになりたい
    そうです。強いし、何でも食べられるから
    だって。
    人間もおいしいものたくさん食べられるから
    いいと思うんだけどな。

    投稿日:2017/12/01

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「オレ、カエルやめるや」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / かいじゅうたちのいるところ / おへそのあな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

全ページためしよみ
年齢別絵本セット