新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

オレ、カエルやめるや」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

オレ、カエルやめるや 文:デヴ・ペティ
絵:マイク・ボルト
訳:小林 賢太郎
出版社:マイクロマガジン社
税込価格:\1,760
発行日:2017年11月25日
ISBN:9784896376760
評価スコア 4.45
評価ランキング 10,939
みんなの声 総数 70
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本題から外れますが〜

    • 松の子さん
    • 60代
    • その他の方
    • 新潟県

    絵がある意味リアルで、子供にはわかりやすいと思いました。
    ずっと寄り添っているパパが素敵だなぁと思いました。
    一つ、お聞きしたいのですが、「オレ、カエルやめるや」の最後の『や』は方言ですか?新潟県はこういう最後に『や』をつける言い方はしないと思います。「やめてやる!」的な言葉ですか?それとも、のほほんとした感じの言葉ですか?わかる方、教えてください。
    読み聞かせ(小学校ボランティア)の場合、どんな抑揚で読めばいいですか?

    投稿日:2020/08/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • カエルはカエル?

    オオカミはカエルを食べないのかどうか知らないのですが、カエルはやっぱりカエルなのです。
    ユーモラスな絵と、とぼけた会話で当たり前のことを、改めて教えられて、自分の特徴を再確認しました。
    最も、オレ人間やめるやなんて考える人はいないでしょうが。

    投稿日:2018/05/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 会話が弾む本

    この本を読んだ時、そういえば私も子供の頃猫になりたかった記憶が蘇ってきました。猫っていつも寝ているし食べて寝て遊んで・・・。本当に羨ましかったです。

    子供にも何になりたいか聞くと、うちの子も猫になりたい、と言っていました。猫ならいつも家でゴロゴロできるから、学校にもいかなくていいし・・。と言っていました。

    まさか私と同じ動物だったとは驚きでしたが、確かに猫は学校で勉強をしなくても家でごろごろしていれば良いだけだし、確かに羨ましいなって思います。

    この絵本を読んでいると、なんだか結局最後には他の物になるよりも、自分のままでいる方が良いかも・・・って思うようになりますね。なんだかこのカエルも最後にはやっぱりカエルになりたいって言っていましたし。でもちょっと笑ってしまいました。だって元々カエルなのに・・・。

    またこの絵本の絵がとにかく素敵で、さすが外国の本ってかんじでとても可愛らしかったです。色使いも表情も可愛らしくて見ているだけで楽しくなりました。子供と何になるか色々と楽しみながら会話が盛り上がる、そんな素敵な1冊だと思います。

    投稿日:2017/12/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • サバサバ、すっきり

    タイトルや挿絵の雰囲気から、ナンセンスなギャグえほんかと思いましたが、意外にも深いテーマで奥が深い内容でした。
    こういった内容のおはなしは、説教くさくなりがちですが、こちらは、サバサバしていて嫌な感じが全然しませんでした。
    すっきり読めて気持ちが良かったです。

    投稿日:2017/12/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 思わず口に出てしまう絵本 受賞レビュー

    この絵本を開いた時、7歳の息子ならもう一人で読めるのに思わず口に出して読んでしまいました。読み聞かせを小さな頃からしていましたが、見た瞬間楽しくて口からぽろりと出てきたのは初めての経験でした。声色を変えて読んであげると、子供は大爆笑。寝る前よりも起きている時の読み聞かせにぴったりかもしれないと思いました。ひとしきり読み聞かせが終わると、今度は息子が一人で読書。こちらも負けじと大きな声での朗読会。そしてカエルはどうやってもカエルだけど、少しだけ違うものにはなれないかと考えていました。カエル可愛いしカエルでいいじゃんと言いながら、何度も読んでいました。文字も絵も大きく、翻訳が分かりやすく面白い。長さも短めなので大人も子供も楽しんで読める絵本だと思いました。とにかく大きめの声でなりきって読むと、面白さが倍増するのでお勧めです。

    投稿日:2017/11/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 誰だって他の人が羨ましくなったりあんなふうになりたいな〜と思ったりします。このカエルも自分が嫌だというよりは他の動物がうらやましかったりしているだけなんですよね。
    そんな子に対して親はどんな声かけがいいのかなと考えるヒントになりました。「あなたはあなたのままでいい」そのシンプルな肯定感は人を強くさせ何物にも変えられないパワーとなります。この絵本は親子の軽快なかけあいによって、おもしろおかしくライトに大事なことを教えてくれます。出会えてよかった絵本です。

    投稿日:2022/06/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「オレ、カエルやめるや」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / かいじゅうたちのいるところ / おへそのあな / ちょっとだけまいご / くまくん、じゅんびは オーケーかい?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

全ページためしよみ
年齢別絵本セット