宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

たぬきがのったら へんしんでんしゃ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

たぬきがのったら へんしんでんしゃ 作・絵:田中 友佳子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2017年11月30日
ISBN:9784198645199
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,389
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まじめな電車のまじめさんが、たぬきたちのおかげで色々な乗り物に変身し、様々な危機を乗り越えていく冒険ストーリーでした。こんな電車なら、自分も乗ってみたい!と親子でテンションが上がりました。ラストのキツネさんたちは、どんな魔法を起こすのか、想像が膨らみます^^

    投稿日:2018/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 次が気になる

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子5歳

    まじめさんがどんどん変身していく姿にワクワクします。
    次は何に変わるのかな?とページをめくるのが楽しい。
    ジェットコースターになったり潜水艦になったり、ドリルカーにロケット、まさか宇宙にまで行ってしまうとは!楽しい1冊でした。

    投稿日:2018/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • まじめでんしゃさんがへんしん?!

    最初はたぬきが変身しておおはしゃぎするのでたぬきのお話と思いきやまじめでんしゃさんがたぬきの力を借りていろんな乗り物に変身していきます。とにかく電車好きな子にはもってこいのお話ですね。次は何に変身するのか子供と一緒に予想しながら読んだのですが、飛行機になるかと思いきやそれを飛び越えてロケットになってしまったので二人とも唖然としてしまいました^^;予想を超えていましたね。
    せんろはつづくシリーズを毎晩せがまれるのでこの絵本もルーティーンに入りそうな気配です。

    投稿日:2017/12/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「たぬきがのったら へんしんでんしゃ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おはよう / だんろのまえで / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット