あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!

ドーナツやさんのおてつだい」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

ドーナツやさんのおてつだい 作:もとした いづみ
絵:ヨシエ
企画:アサヒ飲料株式会社
発行:絵本ナビ
出版社:泰文堂
本体価格:\1,300+税
発行日:2018年01月25日
ISBN:9784803011333
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,336
みんなの声 総数 51
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「おいしくて きれいな ドーナツ 100こ、 あした あなもりやまの 
    てっぺんに もってくること!」
    そんな謎の注文もみんながいればワイワイと素敵なドーナツが
    できあがりますね。

    ポルカさんのドーナツ屋さんのおはなしです。
    9人のこどもたちがお手伝いをしながらおいしそうなドーナツが
    できあがります。実はみんな名前があるそうです。見返しに書いて
    あるので、それを読むと、またおもしろいですね。
    もちろん、ネコにも名前がありますよ。
    ポルカさんとみんなでがんばってこの大変なオーダーにこたえます。

    そしてできあがった100このドーナッツ!とてもおいしそうです。
    お皿にならべたドーナッツですが、ページをめくっても同じ位置にならべて
    あるのが圧巻です。

    この絵本はカルピスACTIONという取り組みで作られた絵本だそうで、
    ポルカさんのドーナツ屋の看板も水色、そして
    ドーナツも水色でかわいくデコレーションされています。

    ドーナツはこどもの友達とみんなで作ったことがあります。
    本の中にあった「うすっぺらいまるいわがぷくっとふわっとふくらんで」
    というシーンがあるのですが、そうそうと思い出しました。
    油であげるところはみんなは危ないのでみることはなかったのですが、
    揚げあがってお皿にならべたとき、さっきの白いドーナッツが、
    こんがりふっくらあがっているのをみて、歓声があがりました。

    春とこのオーダーがどうつながるのか、
    ラストは春をとっても感じます。カルピスで乾杯したくなりますね。
    ドーナツとひなまつり、今年はこれできまりです!

    親子の絆が深まるように、という願いがこめられた「カルピス絵本」の発行。
    今回はじめて知りましたがとても素敵な取り組みだと思いました。
    カルピスとひなまつりと春、そして今回の作品、
    親子でお菓子つくりや絵本の読み聞かせなど楽しめると思います。



    投稿日:2018/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛くてテンポがいい

    表紙も中も、とにかく色合いが素敵です。爽やかで可愛くて春のよう!
    イラストもとても可愛いです。ドーナツひとつひとつの模様までキュートで、みんなでドーナツを食べるシーンなどとてもワクワクしますね。

    前半のドーナツ作りでは、擬音語がふんだんに使われてて、テンポよく読みやすいです。楽しそうで、ドーナツ作りたくなりますね。揚げ菓子は作ったことないからドーナツで手作り揚げ菓子デビューしてみようかな。その時は絵本の子供たちのように息子にもお手伝いしてもらおうと思います。

    投稿日:2018/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ドーナツやさんのおてつだい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / だるまさんが / どうぞのいす / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本


『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

みんなの声(51人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット