どうぶつ どんどん どうぶつ どんどん どうぶつ どんどんの試し読みができます!
文・絵: たしろ ちさと  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
どうぶつが やってくるよ。どんどん どんどん… どうぶつえんに行きたくなるよ!

さかさまこく の ちいさな だいまじん ゴーゴー クーボ! (1) 」 大人が読んだ みんなの声

さかさまこく の ちいさな だいまじん ゴーゴー クーボ! (1) 作:雙美 光
絵:ケーサー フィリップ
出版社:コスモノートパブリッシャーズ
本体価格:\1,400+税
発行日:2017年10月17日
ISBN:9784909351005
評価スコア 3.85
評価ランキング 32,747
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • とてもユニークな作品

    スイス人アーティストの作品で、造形や色使いがとても独特で鮮やかで、今までに見たことがないような世界が広がります。

    一度見たら忘れないような、とてもユニークな作品なので、好みは分かれるかもしれません。

    ストーリーとしては、とても面白く、子どもたちにも分かりやすい内容になっています。

    『ありのままの自分を受け入れる』というテーマが根底にあるので、その辺も最近のトレンドだと思います。

    努力するということと、自分とはかけ離れた他のものになるということは、まったく違うことなので、わたしはとても好きなテーマなのですが、『ありのままの自分』でいいなら努力しなくてもいいじゃん、ということではないということをフォローしなければならないのかなとも思います。

    投稿日:2018/02/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 現代社会へのメッセージ?

    水たまりの世界へ疑問を抱き、思い切って飛び込んで行ったクーボとストロベリードッグ。その冒険心や、色鮮やかなイラストに、すっかり子供向け絵本と思っていると…。
    小さな大魔神の逆さ言葉の呪いを恐れ、本当のことを言えず暗い表情で暮らしていた住人たち。これはどこか現実の大人社会にも似たところがあると感じました。
    王座に駆け寄り、お仕置きを恐れずに、なぜ本当のことを言ってはいけないのか、小さな大魔神に尋ねたクーボの勇気。こんな風に思っても、実際にはなかなかこんなにストレートには聞けないことですね。
    身体が大きくてもいいことはないと気づき、素直に悔い改め、呪いを解いた大魔神。これもまた勇気ある行動だと思いました。
    思ったことを口にすることができ、明るい表情を取り戻した住人たち。清々しい気持ちになりました。
    一見、子供向けかと思いきや、実は大人向けのメッセージも隠されていると感じた絵本でした。

    投稿日:2018/03/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • とってもカラフル

    外国の作家さんだから、色彩がとってもカラフルです。

    絵本というより、まるでアニメーションをみているように感じる作品です。
    絵本のはじめに、登場人物紹介があるのも珍しく思います。キャラクターも個性的です。

    よく、言葉だけの説得で犯人役が改心するドラマなどを見ると、納得できずもやもやすることがあるのですが、この作品はちいさなだいまじんが、言葉だけでなく、体験することで自分自身納得して呪いをといているので、説得力があるなぁと思いました。

    投稿日:2018/02/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 個性的で楽しいです

    全ページ読みの気になる目に惹かれて
    開いてみました。
    気になったのはストロベリードッグの目だとわかりました。
    かわいいですよね。
    恐れを知らないクーポと親友のストロベリードッグと
    そしてとても頼りになるすごいやつ、ケムケムの冒険のお話でした。
    挿絵が個性的でどんなふうに描いているのかな?と
    興味津々です。
    このお話は1と書いてあるのでまだまだ続くのでしょうか。
    面白そうです。
    英語も併記されているといいのになあ、とこれは欲張りですね。

    投稿日:2018/01/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 好みが分かれそう

    • めらんこりさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、男の子1歳

    独特の色使いで、海外の絵本だなぁと言う感じです。
    コマ割りも海外のアニメを見ているみたい。

    お話自体はとても面白いですが、絵や色使いがちょっと苦手で…。
    読み終わったあと少し疲れるかなぁ。
    子供は好きかもしれないです。

    投稿日:2018/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色鮮やか

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    とってもカラフルな絵が印象的な絵本でした。
    水溜まりの世界の冒険も子供が喜びそう。
    思ったより、あっさりと問題が解決してしまったので、もう少しわくわくどきどきする展開が欲しかったです。

    投稿日:2018/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ケムケムが気になる

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    個性的なキャラクターと、水たまりの中に別の世界があるという想像力豊かな楽しいお話で、最後までわくわくしながら読むことができました。豊かな色彩も印象的でした。本当のことを言うことが禁止されていて、暗くてみんな悲しそうな顔をしていたみずたまりの中の世界が、だいじんがのろいを解いて、カラフルな色が戻っていくシーンは、とくに素敵だなと思いました。
    変幻自在のスーパーマシーンドングリンを操ってるのが、小さなケムシというのがとても面白かったです。ケムケム、とっても気になるキャラクターです。ほかの話も読んでみたくなりました。

    投稿日:2018/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフル!

    とてもカラフルで、日本の絵本とは雰囲気の違うイラストが印象的でした。
    漫画のようなコマ割りもあり、楽しく読めました。

    主人公のクーボを始め、とても魅力的なキャラクターがたくさん!
    ストロベリードッグは名前の通りイチゴそっくりで、髪の毛からドングリンが出てきたのにはビックリ!
    さかさまこくの住人たちは、まるで宇宙人のようで、パトカーがホイッスルの形をしていたりと、絵を見ているだけでも楽しかったです。

    本当のことと逆さまのことを言わないといけない「さかさまこく」のお話。
    思ったことが話せないなんて、どんなに辛い世界でしょう。
    住人たちがみな暗い顔をしているのも頷けます。

    最後、大魔神と会い、ありのままでいることの大切さを伝えます。
    さかさまこくも暗い世界から、七色に輝く色鮮やかな世界へと戻ります。
    美しい色彩と、クーボと一緒に楽しい冒険が楽しめる絵本です。

    投稿日:2018/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • みずたまりの中に広がる世界

    雨上がりの水たまりをのぞいたことから、大冒険がはじまります。みずたまりの中にこんな大きな世界がひろがっているなんて。
    ろうやにつかまってしまったり、次になにが起こるのかワクワクハラハラでした。鮮やかな色と可愛いキャラクターのインパクトが強く、クーボとストロベリードッグの冒険をもっと読みたいと思いました。

    投稿日:2018/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • はっきりしたイラスト

    キャラクターの設定がしっかりとしていて、
    コマ割りが多いので、アニメーションのような印象を受けました。
    おはなしが長いので、自分で文字を読める年齢のお子さん向けかなと思います。
    イラストや色合いがはっきりしているので、
    好みが分かれるかもしれないと思いました。

    投稿日:2018/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「さかさまこく の ちいさな だいまじん ゴーゴー クーボ! (1) 」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / だるまさんが / どうぞのいす / もこ もこもこ / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • わたしのおかいもの
    わたしのおかいもの
    作:株式会社アーク・コミュニケーションズ 絵:わたなべ ちいこ 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★女の子の「大好き」を詰め込んだバッグ★ デパートでのお買い物を楽しめる、バッグ型ワークブック
  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


「楽しみながら生活する気持ち」と「生活習慣」を学べる絵本♪

みんなの声(26人)

絵本の評価(3.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット