5〜6歳 ハイレベル 夏のおけいこ 5〜6歳 ハイレベル 夏のおけいこ
構成: 入澤 宣幸  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
夏向け幼児教材売上No1!「できた!」「もっとやりたい!」が聞こえる夏に♪読者キャンペーンも実施中!

まさ夢いちじく」 大人が読んだ みんなの声

まさ夢いちじく 作・絵:クリス・ヴァン・オールズバーグ
訳:村上 春樹
出版社:河出書房新社
本体価格:\1,800+税
発行日:1994年
ISBN:9784309262314
評価スコア 4.82
評価ランキング 186
みんなの声 総数 21
「まさ夢いちじく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人には爽快、子どもには「怖っ」

    オールズバーグの端正な絵が、意地悪な歯医者ビボットを
    一層憎たらしく見せてくれます(笑)。

    診療費が支払えないからと、
    おばあさんが差し出した不思議ないちじく。
    食べると夢に見たことが正夢になるいいますが
    そんなことをビボットが信じるはずもありません。

    けれどもイチジクを口にした翌日に起きたことは、
    そのビボットをも納得させる、あり得ない出来事だったのです。

    それ以来、自分の夢を正夢にするためにとる
    ビボットの行動がまた彼らしい。

    周到に準備し、万全だったはずが
    飼い犬のマルセルによって…。

    「この意地悪な主人公はどうなるのだろう?」
    と読んでいた私には爽快な結末だったのですが、
    小学6年生のクラスで読み聞かせたところ、
    ある男の子が「怖っ!」とつぶやいたのでした。

    吠えることも許されず、急な階段も抱いてもらえない
    かわいそうなマルセルに共感しながら読まれることを
    おススメします。

    投稿日:2010/02/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 怖い・・・

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    歯医者のマルセルが、おばあさんを治療してその代金として、不思議ないちじくをもらいます。そのいちじくは、見た夢を正夢にしてくれるのです。お金持ちになる夢を練習したマルセルは、それを正夢にしようと張り切りますが・・・。
    ラスト、なんとなく予想は出来ましたが、怖いです!彼が悲惨なめにあうのは自業自得だとも思うのですが、それにしても、ラストページにはぞくっとしました。絵の力も大きいと思います。

    投稿日:2017/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  •  漢字の問題から。
     「無花果」という漢字を読んで下さい。よくある問題ですから知っている人も多いでしょうが、答えは「いちじく」。
     夏から秋にかけて食卓にあがることの多い果物です。
     家にいちじくの木があると家が栄えないとか子どもができないとか、いちじくには迷信の類が結構ありますが、一方で不老長寿の果実と呼ばれることもあるそうです。
     おいしいのでやっかんだのかもしれません。
     そんないちじくを食べると夢が本当のことになってしまう。そんなお話がC.V.オールズバーグのこの絵本です。

     主人公は「おそろしくやかましや」である歯医者のビボットさん。
     少しばかり髪が薄くなっています。鼻の下には「エヘン」といわんばかりの八の字ひげ。蝶ネクタイもキザっぽい。
     ある日歯の治療をしたおばあさんが治療費の代わりに置いていったのがふたつのいちじく。
     怒るビボットさんにおばあさんはこういいます。
     「これはまさ夢いちじく。あなたの夢を何でも叶えてくれます」

     いちじくはふたつ。
     まずひとつめを食べたビポットさんは本当にそれが「まさ夢いちじく」だということに気づきます。
     そうなると、残ったいちじくを食べる時はうまい話が叶うようにしないとと欲が出ます。
     こういうところは日本の昔話にもよくあるパターンです。
     それからの何週間をビポットさんは自分が世界一の金持ちになる夢を見る特訓を始めます。
     夢をコントロールしようというのですから、人間は欲がでると何を考えることやら。
     宝くじがあたるように枕の下に忍ばせるのによく似ています。
     そんなビポットさんがようやく残りの一個のいちじくを食べることを決心しました。
     さて。

     この絵本でもC.V.オールズバーグの絵筆はさえわたっています。
     まず構図が大胆です。上からの目線、下からの目線、対象を大胆に大きく。
     それによって絵に動きがでています。
     それにビポットさんのいやらしいさがいいですね。この人なら、こういう結末になっても仕方がないと読者に思わせるくらい、いやらしく描かれています。
     もちろん、この作品も村上春樹さんの翻訳。

     あなたがもし「まさ夢いちじく」を手にしたら、ビポットさんにならない保証なんてありません。

    投稿日:2014/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬のマルセルが超絶可愛いです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    オールズバーグは毎回面白いテーマで作品を作りますね〜。
    いちじくって、日本のフルーツだと思い込んでいましたが、海外にもあるんですね〜。知らなかったです。
    ところで、オールズバーグの邦訳はほとんど全て、日本作家の巨匠《村上春樹》さんがやっています。
    発想が似ているのか、村上春樹さんだからこういう役になっているのか、村上春樹作品とオールズバーグの描く世界のにおいが似ている気がするのは私だけでしょうか?

    この作品の中で主人公のビボットは、めちゃくちゃ嫌味なタイプの人間でしたが、飼い犬(テリアだと思います)のマルセルは超・可愛かったです!!特に後ろ足で階段を下りているシーンのポーズったらなかったです。
    犬好きの方は必見!

    投稿日:2011/11/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「まさ夢いちじく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / からすのパンやさん / だるまさんが / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット