しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ニャンコどこいった?」 大人が読んだ みんなの声

ニャンコどこいった? 作・絵:よこただいすけ
出版社:少年写真新聞社
本体価格:\1,400+税
発行日:2018年06月
ISBN:9784879816399
評価スコア 4.44
評価ランキング 8,380
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 二人の関係にニヤニヤがとまらない

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子3歳

    ねこと赤ちゃんの暮らしが、ねこ目線でユニークに描かれています。
    いきなり家にやってきた赤ちゃんは、ねこにとっては不思議でならない存在ですよね。急に泣きわめくし、きっと恐れているはず。そして泣き声に慣れたころ、もぞもぞ動き出し、歩き出したころには、しっぽをつかむ脅威の存在へ・・・(笑)。
    息子を連れて帰省したときの、実家のねこの反応を思い出しながら、にやにやしてしまいました。一番好きな場面は、ソファーに隠れたねこが赤ちゃんに見つかった時の場面です。構図もセリフも最高です。
    ねこ好きさんもそうでない方も、ほっこりできる絵本です。

    掲載日:2018/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • たいへんだ たいへんだ

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    猫好きの方は、きっと楽しめる絵本だと思いました。
    肉球がデザインされているベビー服や、怪獣の着ぐるみが面白かったです。
    シッポを噛まれてしまって可哀想でしたが、こうして共存できるようになっていくのですね。
    孫たちが来ている時は絶対に姿を見せない、夫の実家の飼い猫のことを思い出しました。

    掲載日:2018/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ニャンコの気持ちわかります

    4月に娘が第2子出産のため2歳半の上の男の子を連れて帰省しておりました。ばあばである私にとって、上の子はまさに、怪獣です。おとなしくしていたかと思うと急に暴れ出す、日本語が通じない、と大変でした。彼にしてみれば、世の中に出てきてまだ2年。わからない事だらけですよね。そんな彼と過ごすのは毎日大変でしたが、とても楽しかったですね。よく話を聞いてみると、「なるほどね。」と感心したり、「気持ちはわかるけど、この世の中では通用しないよ。」と面白かったです。そのうち、下の子が大きくなるにつれ、今度が上の子が、下の子を怪獣と思うのでしょうね。ニャンコは上の小さなお兄ちゃん、お姉ちゃんの気持ちを代弁してますね。

    掲載日:2018/07/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど!

    猫のいる家にやってきた赤ちゃん。猫VS赤ちゃんを猫目線でえがいたのがおもしろくて! なるほど、ありそうだなあ、と笑ってしまいました。
    ねこや赤ちゃんの表情がゆたかに描かれた絵はかわいくユーモアたっぷり。猫のいる家に赤ちゃんが生まれた時にプレゼントしてみたいと思います。

    掲載日:2018/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこの目線。

    • まおずままさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子11歳、女の子7歳

    家族の仲間入りした赤ちゃんを猫の目線で描いた絵本でしょうか。
    「ニャートンプー」だって…。
    ちょっと用心しながら、少しずつ近寄って、ドキドキしたり、安心したりしながら、ちょっとずつ距離を詰めていくにゃんこと赤ちゃん。

    このまま仲良しになるのかな?と思いきや、ある日やっぱり!?

    ほっこりしながら読みました。にゃんこの気持ちが伝わってきます。

    掲載日:2018/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワクワクする作品

    • ハニーさん
    • 50代
    • その他の方
    • 東京都

    ネコと赤ちゃんの「戦い」は、ユニークで面白いですね。最後は「赤ちゃんの勝ち」で、ネコは情けない様子になりましたが、本当はお互い、大好きなことが分かって、なんて素敵なんだろうと感じました。文章も分かりやすいし、イラストも表情がとても出て、読んでいてワクワクする作品でした。

    掲載日:2018/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • わあ〜おもしろい!怪獣 ニャアートンプーだと思った けれども・・・・
    どうもおかしい?

    ニャートンプーの正体?  ネコがはじめは優勢だったのに・・・・
    だんだんと 逆転
    怪獣ニャートンプーは ニャンコのしっぽかじってる
    ギャオース ギャオース  叫び声に 笑えましたが・・・・
    ニャンコにしたらもう 逃げまくり  

    さあ これから どういう関係になるのかが楽しみな絵本ですね!

    掲載日:2018/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫の気持ち・・・

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    猫がねこの視点から赤ちゃんを観察するお話です。
    なるほど、猫目線になると、こうなるんですかと納得です。

    猫って、人の様子をうかがうところがあるので、本当にこんなことを思いながら、暮らしているのでしょうか。
    猫がびくびくしている感じがかわいいです。

    しかし、赤ちゃんは、猫じゃなくても母親でも未知の生物ですよね。
    猫と赤ちゃんという組み合わせ、面白く読みました。



    掲載日:2018/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵は独特な世界がある

    絵は勢いがあり色合いも独特の世界があるのですが、読んでいても共感できるところがないというか、何度も読んで楽しむ、という本ではないかなと印象を受けました。いきなりの展開というか、どういう意味なのかなという部分も多くて感情移入できなかった。いつのまにか、ニャンコが見つけられる側になっているし、子どもは赤ちゃんだったのに結構一気に大きくなっていてよくわからない。

    掲載日:2018/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 当時に出会いたかった絵本。

    我が家の娘はもう8歳ですが,赤ちゃんから2歳くらいまでは,やっぱり小さい子ならではの気ままさやイヤイヤで手もかかり親も心身ともに疲労していた記憶があります(笑)。
    今振り返れば懐かしく愛おしい良い思い出なのですが,当時ははじめての育児に必死で大変だったな〜と。
    この絵本を読んで,当時にこの絵本と出会えていたら,このニャンコのような心持ちでもっとユーモアを感じながら育児をできていたかもな〜と思いました。
    ぜひ,赤ちゃんのいるお疲れ気味のママさん達に読んでほしい絵本に思いました!

    掲載日:2018/07/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ニャンコどこいった?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / どうぞのいす / キャベツくん / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はなくそ / おばけのケーキ屋さん / ちいさなあなたへ / としょかんライオン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



さがして、あそんで、ちょっとまなべる地図絵本

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット