虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

ねるじかん」 大人が読んだ みんなの声

ねるじかん 作:鈴木 のりたけ
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2018年06月
ISBN:9784752008392
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,341
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • まだお話が上手に出来ない子供達は、

    • 梅木水晶さん
    • 40代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子7歳、男の子5歳、女の子2歳

    単語で自分の思いを大人に訴えようとしますよね。それが面白い。鈴木のりたけ先生のリアルな絵が、その面白さを更に倍増させています。こんなに面白いものが見れるんだったら夜更かしも面白いかもね!なんて事にならないといいですが…。笑

    投稿日:2019/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしい絵

    ふと立ち寄った絵本専門店で本著の原画展をしており、絵にひとめぼれして購入しました。見開きで描かれた迫力ある恐竜や、最後の街の風景...素晴らしいのひとこと。

    子どもの頃感じていた「夜は何か起こりそうな感じ」が絵本になっていて、大人も楽しめます。、

    うちの子はまだ0歳なのですが、大きくなったら読み聞かせしてあげることを楽しみにしています。

    投稿日:2019/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙の男の子の顔が大人っぽい顔だなあと気になって、図書館

    から借りてきました。隣でおかあさんが、寝ているのに、男の子

    に相槌をうって眠たいだろうなあと思いました。

    男の子の真剣な顔に、驚きながらも想像の世界を楽しく遊んで

    いるんだと、子供って羨ましいなあと思いました。

          ”ポスト いない!”

    と、叫んだ男の子ですが、朝、起きたらポストがなくなっていたの

    で、夢の中の話は、おかあさんは知らないので

         ”あら!ほんと

          ここにあった ポスト

          どこに いったのかしらね”

    で、終わってました。(???)

    そのことが、やっぱり気になりました(笑)

    投稿日:2019/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねむっているのかおきているのか

    からだはねているようでアタマはおきている。アタマはおきているようでからだはねむっている。ほんとうなのか夢なのか、夢をみたはずが本当だった。時計の針も動かない暗闇では、いろんな音さえきこえてくるよ。いつしかみんな眠ってしまってもぼくはねむっちゃいない。不思議な物語を紡いだら、やがてうっすらと朝がやってくる。ゆうべのことはいつまでもおぼえていたいなあ。

    投稿日:2018/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • そこにはすごい世界が広がっている

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    朝起きると息子は夢で見た話を私に話してくれます。
    つい最近は、「新幹線につかまってアメリカまで行ってきて、〇〇駅(うちの近所の在来線の駅)で降りて、自転車でおうちまで帰ってきたんだよ。」と。矛盾がいっぱいあってへんてこりんで、ほんとにこんな夢見たのか思いついたことをしゃべっているのかその辺はよく分かりません。けれど、話しているときの息子の顔と言ったら、とにかく楽しくて仕方がないという感じで。
    あまり真剣に聞いていなかったりする私ですが、よく考えるとうらやましいですよね。こんだけ楽しそうに夢で見たこと、想像したことを話せるって。
    この本の男の子もきっと、そんな楽しくてわくわくしっぱなしの時間を過ごしているんだなと思います。
    現実と想像の世界を自由に行き来できる子ども時代って、ほんとうにかけがえのない時間ですね。

    投稿日:2018/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢の世界と現実世界

    男の子が寝る前まで遊んでいたおもちゃたちが、みんな夢に出てきたところがおもしろい絵本です。普段、現実でおもちゃたちが男の子に遊んでもらっているから、夢のときはまるで、おもちゃたちが男の子の相手をして遊んでいたところに夢がありました。夜に男の子が見た夢の町と、現実世界の町とページを比べて見ると、とても楽しめる絵本です。どっちの世界もきれいだなって思いました。

    投稿日:2018/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢か現実か

    題名から、ねんねの絵本だと思いましたが、とても想像力豊かに、ユーモラスにえがかれています。
    眠りをさそう内容ではなく、寝る前の冒険のお話です。
    子供の夢のお話かと思っていたら、最後のポストがなくなっていたことで、現実だったのかもと思わせるのが、またユニークだと思いました。

    投稿日:2018/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙を見ただけでワクワク

    すずきのりたけさんの描くイラストと夜のちょっと静かで不思議な時間が妙にマッチしていて面白い絵本です。

    まず表紙を見ただけでワクワクします。前髪ぱっつんの男の子が恐竜と一緒に寝ている?

    え?どんな話かな?
    そう思わせてページをめくらせたくなるそんなドキドキがあります。

    寝かしつけの親子の図もどこの家でもあるようなそんな普通の当たり前の光景です。
    お母さんの方がすぐに寝てしまっているのに‥子どもはまだ寝つけなくて夜の世界をちょっと感じているのでしょう。
    そんな一人の静かな時間って子どもの時、怖かったような記憶が私の中にもあります。

    ちょっとだけ怖いような・・でも不思議な夜の世界を感じたいようなそんな子どもの気持ちがうまく描写されていて、きっと子どもはわかるわかる・・と思うのではないでしょうか。

    夢だったのかな?それとも本当だったのかな?
    最後の終わり方もなんだか余韻を残す形で良いと思いました。

    投稿日:2018/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい〜♪

    おもしろい!
    大人にとっては不思議な世界も、子どもたちが読んだら、あるある〜!って感じでしょうか。
    ありえない世界も、鈴木のりたけさんの絵は、リアルで、本当に私たちが寝ている間に起こっていそうな気になってきます。
    空飛ぶ魚や恐竜?達は、子どもたちの心に住んでいる友達なんでしょうね。
    子どもを寝かしつけて、いつのまにか寝てしまっていた私ですが、もしかしたら子どもたち、夜の街で、空を飛んで遊んでいたのかもしれませんね!

    投稿日:2018/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひきこまれました

    ねむれない子どもの想像力がどんどんひろがっていくのですが、その独特の世界にひきこまれました。日本の普通の景色のなかに、迷子の恐竜とか、空飛ぶ魚とか、なんだか、すごい世界に・・・。さすがに、これは眠れない(笑) おもしろくて、一気に読んでしまいました。  

    投稿日:2018/09/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねるじかん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / さつまのおいも / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット