となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ふたりの雪だるま」 大人が読んだ みんなの声

ふたりの雪だるま 作・絵:M.B.ゴフスタイン
訳:谷川 俊太郎
出版社:すえもりブックス
本体価格:\1,500+税
発行日:1992年
ISBN:9784915777073
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,737
みんなの声 総数 9
「ふたりの雪だるま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • イラストも味わい深いです。

    登場人物には顔が描かれていないイラストで、それがまた読み手が表情を想像しながら読めたりと味わいがありいいな〜と思いました。
    わくわくする楽しい絵本というより、どこか静けさの中に温かさを感じられる絵本、そんな印象を受けました。
    作った雪だるまがひとりぼっちで気になってしまう、優しいですね。

    投稿日:2020/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゴフスタインの絵本は、この絵本の出版元である「すえもりブックス」の代表だった末盛千枝子さんの著作で初めて知りました。
     この絵本の奥付を見ると、発行は1992年11月となっています。
     残念ながら「すえもりブックス」は今はもうありませんが、現在は「末盛千枝子ブックス」として別の出版社から復刊されていたりします。

     この本の表紙見返しと裏表紙見返しには出版社でつけられた内容紹介とミニ解説がついています。もしかした、末盛千枝子さん自身が書かれたものかわかりませんが、この見返しも必読です。
     その中にゴフスタインがアメリカのミネソタ州で生まれたとあって、そこはカナダと接する北国で、彼女がここに住んでいた頃は毎年のように11月の弟の誕生日にはその冬初めての大雪が降ったようなことも書かれています。

     そんな思い出がゴフスタインにこの絵本を描かせたのかもしれません。
     「十一月に入って、今年はじめての猛吹雪のあと」という文章とともに、窓から外をを眺めている姉と弟が描かれています。
    雪が積もったあと、二人は外にでて雪だるまを作ります。
     お姉さんは弟に「大事なのは新しい雪の上を転がすこと、そうしないと泥や小枝がくっついちゃうよ」と教えます。
     きっとゴフスタインも小さい頃にそんな風に弟に教えたのでしょう。
     でも、二人がこしらえたのは一つの雪だるま。
     お姉さんはそのことが気になって、ついにがまんできなくなって外にでます。
     もうひとつの雪だるまをつくるために。

     この絵本では姉弟だけでなく、家族がとてもよく描けています。
     だから今でもゴフスタインは人気のある絵本作家なのだと思います。

    投稿日:2019/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 特別な雪だるま

    仲良しの弟と一生懸命作った特別な雪だるま。
    だからこそ 女の子は 
    雪だるまがひとりで佇んでいることに とても心を痛めるのでしょう。
    自分だけ楽しく食事をする気分になんてなれない。

    対するお母さんはお決まりのセリフを言うのだけれど、
    それでもこの両親の対応はすばらしい。

    またひとつ 特別な雪だるまが出来上がり
    読んでいて ほんわかした気分に。
    弟が言う最後のセリフ。
    「これで雪だるまもふたりになれたね」
    この『も』に弟の優しさと家庭のぬくもりを感じます。
    やさしいお話で大好きになりました。

    投稿日:2008/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ふたりの雪だるま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット