しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

はだかの王さま」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

はだかの王さま 作:アンデルセン
絵:バージニア・リー・バートン
訳:乾 侑美子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2004年
ISBN:9784001108767
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,861
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • バートン流のはだかの王さま

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    小さい頃、自分が大好きだった「いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう」「ちいさなおうち」「せいめいのれきし」のバージニア・リー・バートンの作品。
    特に「せいめいのれきし」を、夢中になって貪り読んだ記憶が鮮明に残っています。

    1949年の作品で、邦訳は何と2004年。
    時を越えて蘇った作品です。

    何と言っても、この作品はバートンのお父さんがこの作品が好きで、良く読み聞かせしてくれた思い出から生まれたというのが最高に素敵です。
    最初に「この物語を、子どもたちとともに楽しんだ、父への感謝をこめて」とあり、そこに掲げられたソファで本を読む父を囲む子供達の肖像画が、実に印象的です。

    物語は、勿論アンデルセンで誰しもが1度は読んだことのあるもの。
    それに挿入された絵は、バートンならではのミュージカルを彷彿させるようなスケールのある広がりが特徴的です。
    この絶妙な構成は、誰しもが彼女の絵と分かるものでしょう。

    他の「はだかの王さま」と違うのは、バートンの描く王さまが、スリムでかつお馬鹿と思えないということ。
    はだかの王さまのイメージって、とにかく恰幅が良くてお馬鹿さんというのが定着していると思うのですが、それを大きく変えたものです。
    バートン流の描き方は、これはこれで、訴求したいことが明確なので良い感じだと思います。
    「パレードははじまってしまったのだから、つづけねばなるまい」と王さまは考えるのですが、この潔さが新鮮です。
    おそらく、この王さまのことですから、後段があれば、このことを反省して次に活かすことは間違いないでしょう。

    一寸変わった「はだかの王さま」ですが、バートンの絵と相まって高い水準の絵本となっています。
    アンデルセン童話を読むきっかけとしても、是非オススメします。

    投稿日:2011/12/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はだかの王さま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本レビュー大賞、結果発表です!

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット