もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。

いのちの花」 大人が読んだ みんなの声

いのちの花 作:そのだひさこ
絵:丸木 俊
出版社:解放出版社
本体価格:\2,000+税
発行日:2003年
ISBN:9784759222302
評価スコア 4.43
評価ランキング 9,327
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 迷う

    先に一人で読んであまりにもむごたらしくて、とても悲しくなってしまい、息子が「あっこれ読んでない」と言ったのですが

    「これはちょっと怖いよ」と言って薦めることはできませんでした。

    戦争ものについては、もうこの年齢からならと思い読み聞かせをしましたが、

    犠牲を強いる人の心の悲しさを、子どもにストレートに伝えてしまっていいのかなと、親として逡巡してしまいました。

    子どもには美しい世界を知って大きくなってほしいという願いがあります。

    でも、その一方で知らなくてはいけない現実もある。

    その辺が親としてどうしても消化しきれないものがあるのを自分の中で感じました。

    すごい絵本だと思う反面、子どもにはいつから読ませていいのかと思いました。

    投稿日:2011/08/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • 村を救う門出

    村を救う5人の若者の親の気持ちを考えると、「村を救う門出」だからと喜んで送りだすのをどんな思いでいたのだろうと考えただけでも身震いしてしまう私です。その若者のお陰で村は救われ、今も、「命はこの村でずーっと生きた」わけだけれど、我が子だったら絶対に嫌だと思ってしまいます。たった一つの命なのだからと思ってしまう私がいます。
    自分勝手だと思いますが、どうしようもない私がいます。誰もが我が子を犠牲にしたくないと思っているに違いないと思いました。命を助けられた狐の話にも我が子から去っていく母親の気持ちを考えると切なくて悲しくて泣けてきました。

    投稿日:2011/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • いのちの花の絵本の表紙は、丸木俊さんの、母と赤子の絵で、そのすばらしさに惹かれて読みました。
    ひがん花の咲く お彼岸に  おじいさんが 子供たちに語るのです。

    「五人衆の 最後に語った言葉  「泣かぬは  泣くに  いやまさる」

    昔の 部落は、差別されていた 歴史で学んでいるのですが、江戸時代の 士農工商 えた ひにん
     
    何の罪もないのに 犯人はおまえたちの 村のものだと 呼び出されて

    何で俺たちが 犯人にされんといかんとや 今まで一度も 人間扱いされたことがなかった 村人たちの 苦しみ!

    誰でも 殺されるのは 怖いし  「ぜったいに あのひとだけは・・・・

    このときの 女の人の肝のちぎれる思い ・・・・

    丸木さんの絵は、その悲しさを実に私につたえてくれます。

    五人衆は、若いのに 犠牲になって名乗り出るのです。

    何という勇気!

     涙を流し 悲しみをこらえる姿が何とも悲しくて  これは昔の実話でありますから 

    人が人を殺す  戦争はまさにそれを手柄にしていたのですが・・・ 

    「俺たちゃ 人間の腹から生まれた・・・・ 」

    彼岸花の咲く頃に  悲しい悲しい 5人衆の花が 咲いたのです。

    こんな歴史があったことを 私たちは 語り継いでいかなければならないと思いました。

    今私たちは こんな悲しいことが起こらないように 戦争を起こしてはならないと おもいました。 

    この絵本は 丸木さんとそのだひさこさんの 共同のえほんですね!

    投稿日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いのちの花」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • かわうそモグ
    かわうそモグの試し読みができます!
    かわうそモグ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    モグとアオメは、カワウソの兄弟。ウナギを食べようと女の子に変身したモグですが…。


幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット