話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ

きょうとあしたのさかいめ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

きょうとあしたのさかいめ 作:最上 一平
絵:渡辺 有一
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年
ISBN:9784774605029
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,723
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 日本の師走

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子1歳

     クリスマス絵本が書店に多くならんでいます。それはそれでとても楽しいのですが、この本では日本の師走の出来事が凝縮されているようで、何だか懐かしくほのぼのした気持ちになります。
     子どもにも日本の伝統を大切にしてほしいし、クリスマスがすんだら読みたい絵本です。そして、大掃除やお買い物、餅つき、年越しそば、除夜の鐘など、ちょっと意識しながら新しい年を迎えていきたいです。

    投稿日:2008/12/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 年越しの夜に

    年越しの夜に一番うれしいのは、家族がそろって健康で一緒に新年を迎えられることですね。
    お父さんが出稼ぎにいっている過疎の村での大晦日。
    初めて寝ないで年を越すみのりちゃんの感動が伝わってきます。
    お父さんが帰ってきて良かったですね。

    投稿日:2019/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本の年末

    6歳の娘と一緒に読みました。
    ちょうど年末年始の時期、リアルに日本の年末が描かれた絵本は親近感があってぐいぐい引き込まれました。
    年末の市場のにぎわいや、除夜の鐘。
    また最後の夜の空気。手をつないでいるみたいという形容がなんともいえず素晴らしかったです。

    投稿日:2018/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 年末

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    年末の様子が描かれていて、年末に食べるお蕎麦の由来等がわかっていいですね。
    年末シーズンにこどもに読みました。
    お父さんと離れている(仕事の関係)というのがこども的には意外だったかな。いろいろな家がありますよね。
    うちの子はまだまだ夜は起きていられないだろうなー。

    投稿日:2017/12/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大晦日

    クリスマスとお正月の間の、慌しい大晦日ですが、日本の伝統的なお正月を迎える準備の大切な一日です。
    大晦日に注目した絵本は、あまりないので、こちらの作品は貴重な存在かと思います。
    大掃除・年越しそば・除夜の鐘と、定番の事柄が全て描かれています。
    おもちを、家のあちこちに供える習慣は、私の祖母の家でもやっています。
    今では、なかなか見られない風習も、絵本で見ることが出来たので、とても良かったです。

    あとがきでは、除夜の鐘の由来などの説明があり、大人でも勉強になりました。

    投稿日:2011/12/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きょうとあしたのさかいめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ


 【連載】10月の注目の新刊&オススメ絵本紹介

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット