こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本

ダジャレーヌちゃん世界のたび(303 BOOKS)」 大人が読んだ みんなの声

ダジャレーヌちゃん世界のたび(303 BOOKS) 文:林 木林
絵:こがしわ かおり
出版社:日販アイ・ピー・エス 
本体価格:\1,500+税
発行日:2019年04月18日
ISBN:9784909926005
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,707
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 空飛ぶトラさん

    とても楽しい絵本です。

    だじゃれが大好きで、お洒落をして世界を旅していたおばあちゃ

    んのダジャレーナさん譲りの孫のダジャレーヌちゃん。

    空飛ぶトラさんに乗って、ことりのコトリンと地球一周の旅に出発

    しました。フランス・ドイツ・フィンランド・ロシア・エジプト・ケニア・

    アメリカ・メキシコ・ブラジル・オーストラリア・タイ・インド・中国・

    韓国・日本に帰ってきたとき、「おー、わかきひの ダジャレーナさ

    んにそっくりじゃ」と、懐かしむトラさんの感激ぶりが、印象に残り

    ました。どのページを開いても楽しめます。

    投稿日:2019/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声に出して楽しんでほしいな。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子19歳

    ダジャレがたくさん載っていて、面白かったです。個人的にはこういう絵本大好きです。
    読み聞かせにはどちらかというと、不向きだと思います。
    遠目だと、せっかくこがしわさんが描いてくれているダジャレーヌちゃんが訪れている場所の(細かい地域性を描いている)挿し絵が、よく見えないので、もったいないです。
    ただ、林木林さんのとこば遊びのようなダジャレがほんとに面白いので、出来れば声に出して子どもたちと楽しんでほしい一冊です。
    それほど人数んの多くない、学童などのおはなし会でなら、使えるかもしれません。
    わたしはフィンランドとインドの場面が特に気に入りました。

    投稿日:2019/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑いぱっなしであごがはずれそうです

    つぎからつぎにダジャレがいっぱい出てきて
    笑いぱっなしであごがはずれそうです。

    長い絵本ですが、さいごまでノンストップで読んでしまいました。
    子どもに読んで聞かせる時は
    きっと、二カ国か三カ国ずつにしようと思いました。

    一つの国でこれだけのダジャレが浮かぶのはセンスだけでは
    とうてい仕上がらないと感じました。

    このような絵本を子どもひとりで読めるように
    なるのはいつ頃になるのでしょうか?

    投稿日:2019/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 作者の言葉どおり

    無理やり感がてんこもり(笑)ですが、ダジャレに感心しながら最後まで楽しく読めました。
    (「全ページ」ありがとうございます)

    絵がすごくいいです。
    ”ダジャレーヌ”の本家はかの名作絵本”カロリーヌ”でしょうか。
    フランスからはじまるのは本家へのオマージュなのかな。

    おとな目線な感じがしないでもないです。こどもはじっくり楽しめるのだろうか… 反応がみたいです。

    投稿日:2019/04/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ダジャレーヌちゃん世界のたび(303 BOOKS)」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / いないいないばあ / ノンタンはみがきはーみー / Chocolat Book(5) ショコラちゃんのレストラン / なつみはなんにでもなれる / とりがいるよ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 1
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット