新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ようかいむらのじごくえんそく」 大人が読んだ みんなの声

ようかいむらのじごくえんそく 作・絵:たかい よしかず
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2019年04月25日
ISBN:9784337026018
評価スコア 4.45
評価ランキング 10,370
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 遠足は、楽しい!

    ようかいむらの地獄遠足は、妖怪たちにとっては、とても楽しい

    遠足だと思いました。私には、やっぱりどうせ行くなら人間界の

    遠足にお弁当を持って行きたいと思いました。

    ようかいむらのバスはs、九尾のキツネが化けたコンコン号という

    バスの設定で、キツネの口からも乗客の乗り降りが出来るんだと

    思ったりしました。怖い感じは全くなく、楽しく読ませていただきま

    した。

    投稿日:2019/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遠足は、とっても楽しい!それは、ようかいむらでも同じです。
    ひとつめこぞうのじろきちも、ねこまたのたまにゃもおおはしゃぎ。
    バスのなかではしりとり合戦。いろんな名前の妖怪がいるんですね。
    絵も可愛くて、地獄といっても、全然怖くないです。
    それでも、画面いっぱいのえんまさまに、「こんどうそをついたらしたをぬくぞい ワッハッハー。」と言われたら、迫力満点!嘘つかないようにしなきゃって思っちゃう。
    幼い子たちに、じごくって世界があるんだよ。悪いことをしたら、じごくに行かなきゃ行けなくなるんだよって諭す時には、もってこいの絵本ですね。
    でも、やっぱり、なんとも楽しげなようかいえんそくで、こんな遠足なら、一緒に地獄めぐりしたくなっちゃいますね!

    投稿日:2019/11/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ようかいむらのじごくえんそく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はじめてのおつかい / どうぞのいす / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本


食品ロスについて知る入口となる絵本  『ほうれんそうカレー ききいっぱつ!』田中六大さん&入馬さん兄弟インタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット