話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

スモンスモン」 大人が読んだ みんなの声

スモンスモン 作・絵:ソーニャ・ダノウスキ
訳:新本 史斉
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,980
発行日:2019年10月26日
ISBN:9784001126860
評価スコア 4.11
評価ランキング 24,592
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • オノマトペ語!?

    ドイツ出身の作家による作品。
    スモンスモンって何?と感じたら、もうこの作品の世界です。
    どうやら、表紙の小人もどきが主人公。
    のっけから、ゴンゴン星に住んでいます、と、異世界に連れ込まれます。
    異世界ということで、出てくるアイテム、キャラクターが皆、オノマトペ語!?で説明されるから、
    読み手も必死です。
    不可思議な絵から読み解き、ああ、この実がロンロン、舟みたいなのがトントン、の状態です。
    キノコの世界?
    スモンスモンも首が伸びたり、もうカオスです。
    でも、シュールの一歩手前というか、出会いや助け合い、分かち合いが
    不思議にストンと、心地良いです。
    もちろん、オノマトペ語が、文章にリズムを与えています。
    小学生くらいから、読み解いてほしいです。

    投稿日:2020/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 独特の不思議で魅力的な絵

    「はじまりのはな」でソーニャ・ダウノスキの絵がすばらしくて、他の絵もみたいと思ってたので、新作が出版されたとしって、楽しみに読みました。でだしからでてくる、オノマトペの名称に、え?え?なにがなに?と混乱しましたが、よみすすめると、その不思議すぎる独特の世界に慣れてきて、フロンフロンいいなあ、なんて思いつつ、すっかり楽しんでました!
    そして、やはり絵! 前作と全くちがう印象の、独特の世界観の絵がこれまたすばらしく、すっかりひきこまれました。

    投稿日:2020/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思考が柔軟な方へお薦めです(笑

    こども向け?
    絵本好きな大人向け?
    美術、芸術に関心ある方向け???

    何も考えないで
    この世界を楽しめればいいのでしょうね
    独特の世界観かと

    表紙からして
    イモトアヤコさんのような(笑
    着ているベストの模様は、パンダさん???

    で、オノマトペのような
    繰り返しの言葉の名前が次々に出てきます
    これのことか・・・な
    と、だんだんわかってきます

    1番のびっくりは、「首」!!

    このイモトさん似の主人公は、一体・・・
    と、頭の固いおばさんは悩んでしまいますが
    気にせず、冒険をお楽しみください(笑

    これは…先輩方には・・・紹介できないかな・・・

    投稿日:2020/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんとも不思議な魅力が

    はじめて読んだとき、謎だらけで、頭のなかが ???でいっぱいになりました。
    でも、不快ではなく、ふしぎと心地よい…
    なんだろう、これは。はじめての感覚です。
    絵がすばらしいのに、脱力感のある、なんとも奇妙な絵本です。
    繰り返しよむたびに、発見がある絵本です。

    投稿日:2019/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返しの名前が、リズミカル

    • 押し寿司さん
    • 70代以上
    • じいじ・ばあば
    • 愛知県

    ゴンゴン星に住んでいるスモンスモンですが、馴染みがないので

    ちょつと違和感を感じてしまいました。

    「残り一つになった ロンロンを オンオンの隣に ヨンヨンでつる

    すと、トントンで川を下っていきました。」とあるように、名前が

    繰り返される言葉なので、リズミカルに響きました。

    クロンクロンに助けられて、どの世界でもお互いに助け合って

    生きているんだなあと思いました。

    投稿日:2019/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだか癖になる

    書店で、とっても不思議な絵本と出合いました。
    ゴンゴンせいで起こる奇妙なお話。
    登場人物は、スモンスモンだけでなく、ロンロン、クロンクロン、フロンフロンと、みんな繰り返しの名前です。
    楽しい繰り返しの言葉が、癖になりますね。
    最初はちょっとだけ恐かったのですが、見るたび愛らしく思えてくるから不思議です。

    投稿日:2019/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「スモンスモン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / くだもの / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / だるまさんが / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『たんぽぽのちいさいたねこちゃん』なかやみわさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット