話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ

えほんを よんで、ローリーポーリー」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

えほんを よんで、ローリーポーリー 作:リリ・シャルトラン
絵:ロジェ
訳:徳永 玲子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年11月
ISBN:9784591094501
評価スコア 4.15
評価ランキング 22,133
みんなの声 総数 12
「えほんを よんで、ローリーポーリー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵本好きモンスター

    5歳長女にパパが借りてきた絵本です。おばけ嫌いな長女ですが、このローリーは抵抗もなく、逆に可愛かったようです。

    ローリーが女の子を脅かしたときに、女の子が本を落としていきます。その落としていった本がきっかけとなって絵本の魅力にひきこまれていくというお話です。おばけも人間も一緒なんだねーと思いながら読んでいました。長女からのリクエストが多い絵本です。

    投稿日:2013/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめて本に出合った時の感動

    人を脅かすのが仕事の太っちょのモンスター「ローリーポーリー」が、絵本に出合ってその楽しさを知り、自分で本を読むことに夢中になるという、直球ストーリー。
    ローリーポーリーがおどかした女の子が、1冊の絵本を落としていきます。はじめは食べ物かとおもったローリーポーリーですが、その挿絵に夢中になり、それが絵本だと知って、読みたいと思うようになります。ドラゴンおばあさんに文字を教えてもらい、自分で本を読めるようになったローリーポーリーは、他のモンスターたちにも大きな影響を与えます。
    はじめて本に出合ったとき(たぶんあかちゃんの頃?)の感動は忘れてしまったけれど、素敵な本に出合った時の嬉しさは、常に感じます。そんな素敵な気持ちを思い起こさせてくれる気持ちのよい絵本でした。

    投稿日:2012/07/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「えほんを よんで、ローリーポーリー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / そらまめくんのベッド / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.15)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット