話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる

おおきなかしの木」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

おおきなかしの木 作:エリザベス・ローズ
絵:ジェラルド・ローズ
訳:ふしみみさを
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2006年10月
ISBN:9784001108897
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,898
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大きなかしの木の一生

    千年を超えるかしの木の一生は、ほんの偶然から始まっている。
    そう考えると、何と偉大な偶然だったろうかと感慨に耽ってしまいました。
    かしの木は一生の間に様々なものを見てきたのだと思うと、壮大な気持ちにもなりました。
    回りの樹木が切り倒されて、様々な物の材料になる。
    自分の身の回りにもそんな物がいっぱいです。
    様々なドラマがあり、次第に一本の取り残された木は、シンボルとして人々に愛されるようになりました。
    偶然の天災によって焼けてしまったとき、人々は喪失感をもったことでしょう。
    焼けて切り倒されたかしの木ですが、残された切り株から新たな予感を残したラストシーンに、余韻が残りました。
    ただ、絵の独特性には、読者を選んでしまう残念さも感じました。

    投稿日:2016/01/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おおきなかしの木」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / くだもの / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット