話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ

アローハンと羊」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

アローハンと羊 作:興安
文・解説:蓮見 治雄
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784772101851
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,337
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • モンゴルの空

    決して華やかな絵本ではありません。どちらかというと地味な絵本です。
    でも、子どもたちに読んであげたいなと思いました。
    モンゴルの草原で繰り広げられる物語。
    異国の文化と、でも人の気持ちは同じなんだと感じることができます。

    投稿日:2018/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛すべき「命」

    日本とは違うモンゴルという国の営み。
    嵐のくだりを読んで「そうかぁ、こういうこともあるんだ。そうだよなぁ……」と、雄大な自然を相手に生きることは、家族が一丸となって生きることなのかなぁと思いました。
    ありきたりですが、でも限りなくリアルなストーリーの中で、命が繋がっていく、その命を愛していくというシンプルな生き方は、今の日本の子供たちに読んでみて欲しいかなぁ。
    犬猫を家族にして育った子供なら、アローハンとホンゴルの関係は理解できると思います。

    良い内容だったのですが、もうすぐ7歳になる娘は「意味がわからん」とのこと。ちょっぴり情けない母なのでした。

    投稿日:2009/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • モンゴルの風土とロマンが一杯!

    子供の頃 雲をみたら何に見える? て訊かれたら
    「アンパン」「鯨」「ゴジラ」とかいったものです。

    モンゴルでも 同じ事!

    モンゴルでは 動物がなくなると空に上って
    雲になるという 伝説があります。

    羊飼いの アローハンもそのひとり。

    空を見ては あれは 〇 〇 いや あの雲は △ ▼ なんて。

    夏の日の 雲をみながら お子様に あれ何にみえる?
    そんな ロマンを思い出させてくれる本です。

    投稿日:2008/07/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「アローハンと羊」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / からすのパンやさん / どうぞのいす / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット