話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

もこ もこもこ」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

もこ もこもこ 作:谷川 俊太郎
絵:元永 定正
出版社:文研出版 文研出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:1977年04月
ISBN:9784580813953
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,281
みんなの声 総数 706
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

68件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 読み聞かせボランティアをしていて、いろんな月齢の子どもに読んでいます。
    最初にこの絵本のすごさを思い知ったときは、【2歳と4歳の姉妹】に読んであげたとき。声をあげてゲラゲラ笑ってもう大変。ページをめくるたびに笑いがとまらず、読み終わっても「もう1回」「もう1回」と何度も何度もリクエストされました。この絵本のすごさは聞いていましたが、身をもって実感した最初の体験です。

    【保育園の0〜2歳児のクラス】では大型絵本で読みました。そこでもやっぱり大好評。園にも通常サイズの『もこもこもこ』はあるのですが、大きなサイズに子どもたちもびっくり!みんな文章もすっかり覚えているようで、ページをめくるたびに「もこっ」と大合唱が起き、みんな食い入るようにみつめていました。

    このような体験を経て、今では私自身がすっかり『もこもこもこ』の魅力にとりつかれています。最初に絵本だけを見ていたときは、「この絵本のどこがそんなに子どもに人気なんだろう?」と不思議に思うばかりでしたが、子どもたちの反応に出会うと、理屈ではないことに気が付きました!

    この『もこもこもこ』、言葉の持つ意味が分かるようになってくると面白さが分からなくなると聞いたことがありますが、前述の4歳の女の子も5歳をすぎるとだんだんと興味が薄れてきてしまいました。小学生になった男の子は、今では表紙を見ても「ふーん」という感じです(あんなに好きだったのに!)。本当に不思議な本です。

    この絵本の面白さが分からなくなってしまう前に、ぜひ『もこもこもこ』の世界に出会わせてあげて欲しいと思います。

    投稿日:2011/01/04

    参考になりました
    感謝
    4
  • くすぐられるようなおかしさ

    • ミャーさん
    • 50代
    • その他の方
    • 大阪府

    オノマトペだけの、言葉遊び絵本?でもストーリーもあるような…

    この絵本、はじめ売れなかったけど、赤ちゃんたちが食いついて、売れ出したと聞きました。
    さすが、赤ちゃんたち、感性が鋭いです。

    なんだか、くすぐられるような、不思議な面白さがあります。これを楽しめるみずみずしい感性を、いつまでも持ち続けたいです。

    投稿日:2017/09/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • だれもが好きな!

    0歳のころ、初めて読み聞かせしたときはまだあまり興味を持ってくれませんでした。でも児童館へ行っても、図書館へ行ってもこの絵本はよく見かけるので、何となくよく読み聞かせするようになりました。

    そしたらだんだんと気に入ってきたらしく、「もこ」などの発音と、シンプルだけど色がはっきりしていてインパクトのある絵が好きになったようです。これらは赤ちゃんにはいい脳の刺激になっている気がします。

    2歳だけどいまだに大好き。赤ちゃんにはぜひおススメしたい絵本です。

    投稿日:2011/10/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • 児童館で

    児童館の本棚にいつも並んでましたが

    全く興味をもてませんでした。

    が、あるとき読み聞かせでこの絵本をスタッフの人が

    読んだら、うちの子も含めみんな大盛り上がり!!

    リズムをつけて絵本を上下にしながら読んでました。

    さっそくうちでも同じことをやってみたら

    やっぱり大爆笑でした。

    投稿日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • おすすめ

    • アイババさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    音と独特の絵だけで作り上げられた不思議な世界が広がる本です。レビューでも沢山の好評価が得られているようにうちの孫にも大好評でした。もう何度読んだか解りません。子供には引き付けられる面白さがあるようです。いつまで興味を持ってくれるかわかりませんが2歳の今でも大好きです。

    投稿日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 一緒に!

    しーん・・
    この絵本は不思議な絵本です。

    絵と擬音だけですが、子どもはとても引き込まれていきます。私も書店で初めて目にしたとき「おもしろい!!」とおもいました。

    0歳の時から読み聞かせてきましたが、その時々に違った反応が返ってきて、娘の成長が手に取るようにわかるのが嬉しかったです。

    ごく小さいときには、言葉のリズムを聴いて笑い、赤い○を指さしたりなぞったり。

    2歳の今では、一緒になって声に出して読んでは、身振り手振りでその「言葉」を再現しようとします。(もこもこと膨らむところでは、手を丸くして、にょきにょきでは指をおりまげたり。シューっと飛んでいくところでは両手をいっぱいに突き出して、しーんのところは人差し指を口にあてて。

    沢山の絵本を読みましたが、これほどシンプルで何才児でも楽しめる絵本はないのでは・・と思います。

    絵を見るだけでも、言葉が連想される、想像力の膨らむ絵本です。

    投稿日:2008/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • もこ

    大人にはわからない子供ウケする独特な世界観!
    文字数少な目なので疲れている時でも助かります。笑
    文がないページもあります。
    とにかく独特です。最初わたしだけ読んだ時、どこが楽しいの?って思いましたが子供にはおもしろいようで読んで読んでと持ってきます。
    もくもくもく にょきにょき の所でいつも笑ってくれます!
    個人的にはぷう の所が好きです。笑

    投稿日:2021/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 無限のインスピレーション

    • ミュさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子2歳

    音と、色と形で無限にイメージが膨らむ絵本です。

    音と絵のコラボが絶妙で、引き込まれます。
    同時にそれをどのように吸収して自分で解釈するか、
    息子が何を感じているか、頭の中を垣間見たくなりました。

    0歳の時に読んだ際は、絵を目で追っているだけのようでしたが
    2歳の今は表情が変わっていき、何か言いたい様子。
    何度か読んでいると音を覚えたようでマネっ子してくれました。

    色使いがとってもきれいです。

    投稿日:2021/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 次男のブックスタートでもらいました。

    大型絵本で何とも言えない擬音語が素敵な絵本です。
    もっと小さいころから次男に読んであげたかったのですが、なかなか読んであげられず。今ようやく言葉が出るようになってきたので引き続き読んであげたいです。
    長男が今回音読の本として選びました。

    投稿日:2019/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外に

     読み聞かせの会で紹介された本です。大人のわたしが読んでもらうとふーんな感じでした。家で子どもに読んであげると,意外にも大受け。短い言葉の中と絵がマッチして,いろいろ想像をかき立てる絵本だと思います。5歳になった今でも読んで欲しいと持ってきます。

    投稿日:2016/05/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「もこ もこもこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / じゃあじゃあびりびり / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おやすみなさい おつきさま / 14ひきのあさごはん / いないいないばあ / はじめてのおつかい / なまえのないねこ / 万次郎さんとおにぎり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



装丁も新たにボードブックとして登場した、レオ・レオーニの名作『あおくんときいろちゃん ボードブック』

全ページためしよみ
年齢別絵本セット