ぼくは くまですよ ぼくは くまですよ
作: フランク・タシュリン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
深く、広く考えるって、とっても大切!

もこ もこもこ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

もこ もこもこ 作:谷川 俊太郎
絵:元永 定正
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1977年04月
ISBN:9784580813953
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,086
みんなの声 総数 687
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

37件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 初めて読みましたが

    よく特集されていて知ってはいたものの、3歳の今まで読んだことがありませんでした。
    図書館で飾られているのを娘が見つけ、自分で読み始め、借りたいと言いだし借りてきました。
    絵本ナビでも評価が高いのには納得。娘も本当に気に入った様子です。
    最初から最後まで、笑いながら読み終えました。
    これだけ単純な形と、短い擬音語だけなのに、ここまで子供を引きつけるものって今まで出会わなかったような気がします。
    ひらがなが読めるようになってきた娘。まだ長い文章を読むのは難しいようですが、このくらいがちょうど良いらしく、初めて自分で読んだ記念の一冊となりました。

    投稿日:2009/04/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 奥が深い

    幼稚園で大人気だったこの本。
    坦々と読んでも、リズムをつけても
    いつも子どもたちはキラキラした顔をして
    観てくれていました。

    絵と、ただひたすら擬音のページ。
    一見わけのわからない本ですが、それは大人目線。
    子どもたちにはとても魅力的な絵本に映るようです。

    読み手と聞き手の想像力で
    いろんな解釈ができる。

    想像力豊かな子どもたちには、楽しくて仕方のない本だと思います。
    そして、絵本のとらえ方や読み方に正解はない!
    と、教えてくれる1冊だと思います。

    投稿日:2009/03/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 奥深い絵本

    下の子が保育園の先生に読んでもらい、大好きになった1冊。図書館でこの本を見つけると満面の笑みで「借りよう」というので借りてきました。お話は抽象的で、なぜか何かが心に残る。さすが、谷川俊太郎さん!もことは一体何者なのか?もことにょきとの関係とは?…しかも最初のシーンと最後のシーンが伏線になっているので途切れることなく繰り返し三回は読んでしまいます。子供は「ギラギラ」のページで太陽と思うのか、手を当てて「熱っ!」と言っています。また、もこがにょきを「ぱくっ」とした後「つん」となるページでは、その見た目から「トマト」と叫びます。とても奥の深い1冊。面白いです。

    投稿日:2017/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目からウロコ

    20代の頃に2時間くらいかけて立ち読みしてコレ!と購入しひとり暮らしの頃からたまに見ていた絵本が0歳からのいちおし絵本だったとは!子どもを産んでから知りました。
    生まれて間もなくから読んでいますが、3歳になったばかりの頃久しぶりに出したらさらに楽しそうに見ていました。何回読んでも楽しそう。
    表情を見ていると、こんなにも文字が少ないのに色んな感情を引き出してくれるようです。
    良い絵本ってこうなんだー、と目からウロコが落ちました。

    投稿日:2017/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせの定番なのは納得できます

    読み聞かせ会などでもよく登場するこの絵本は谷川俊太郎さんの絵本の中でもとても有名です。不思議なぼんやりした色合いは、なんだか異次元に迷い込んだような・・初めて見た時は、なんだろう?とよくわからない気持ちになったのを覚えています。でも、子どもは口をあんぐり開けて、じーっと見つめています。
    それこそ、泣く子も泣き止む勢いで、擬音とこの不思議な絵を夢中に見つめている感じです。

    絵本にはいろいろ種類はあるけれど、余計なストーリーはいらないんだなということを感じさせてくれる一冊です。
    名作ですね。子どももこれを読み聞かせると、気持ちが落ち着くのか、しーんと静まり帰ってしまいます。不思議な力がある絵本です。

    投稿日:2016/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんから大人まで

    何度繰り返してもあきない絵本です。3歳の息子も暗記してしまうくらい何度も読みます。8歳の娘位になると、「これ生まれてきてまた生まれるのかな」などと深い読み方もするようになります。大人の場合、頭の中では「哲学的な何かだとわかっているけれど、やっぱり分かりきれないところ」が、この本の面白さだと私は思っています。あざやかで抽象的な絵が、単純な言葉を引き立てるとても力強い絵本。絵本ナビでレビューやおすすめを見てすぐに購入しましたが、これは本当に買ってよかったと思います。

    投稿日:2015/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大うけでした

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    なんてことない絵本です。

    平坦な地面から、「もこ」と小さな山が発生し、「もこもこ」と大きくなり・・・
    「にょき」とこれは意味不明な物体が発生して成長し、山に食べられる・・・
    その後も意味不明な展開が続きます。

    いったいなんなんだー!と突っ込みたくなりますが、子供は大うけです。
    単純な絵の変化と、言葉遊びのような展開が楽しくて想像力を掻き立てられるんでしょうね。

    平坦に戻った地面からまたしても発生する「もこ」も楽しいです。

    投稿日:2015/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子に楽しみかたを教えてもらいました

    はじめて読んだのは中学生のとき。図書館でふざけていて見つけましたが、なんだこれはと衝撃を受けました。いったいどう読めばいいのかよくわからなかったのですが、3才の次男がぼそりと、「母ちゃん、もこもこは、どうして大きくなってまたうまれるの?」と聞いてきて、なるほど3才の彼には命の神秘の物語なんだとえらく感心してしまいました。3才の哲学に感心していたら、三角のクラゲみたいなのが散るシーンでいっしょにふわふわしていたので、色々な楽しみかたがあるんだなあと思いました。面白さを子どもに教えてもらった一冊です。

    投稿日:2014/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳と1歳に

    3歳と1歳の子に読みました。

    存在は知っていたのですが、
    ちゃんと読んだことは一度もなくて
    初めて試し読みさせてもらいました。

    2人とも それぞれにとても楽しそうに
    読んでいました。

    3歳の子は 赤いおできみたいなものが
    にょっと出てきて ポロリと落ちるシーンが
    とても楽しかったみたいで 笑っていました。

    1歳の子は もこもこと膨らんでいく姿に
    指をさして「アーアー」言っていました。

    私も とても読みやすい本で、子供たちの
    リクエストに答えて続けて3回 繰り返し読みました。

    目で見て、言葉の音で楽しむ
    とてもいい本だと思います。

    投稿日:2013/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんどんたのしくなってくる

    • ナミナミコさん
    • 20代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子6歳、男の子3歳、

    2歳と3歳のこどもと読みました。
    「もこ もこもこ」と始まって、はじめはじーっと絵を見ていたこどもたち。
    「しーん    もこ」とやって最初にもどり、2順目をよみはじめると、目を輝かせていっしょに「もこもこもこ!」と言いはじめました。
    そして3順目にはいると、くりかえしの仕組みがわかってきたので、たのしくてしょうがない!という様子で「もこもこ! ぎらぎら〜 ぱちん!」
    読むほどに、体を動かしたりして、どんどんたのしくなってくる絵本です。

    投稿日:2012/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「もこ もこもこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / くっついた / てぶくろ / ぐりとぐら / おふろだいすき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット