日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作・絵: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
みっとーさん 30代・ママ

とてもいい絵本でした
8月に保育所で紹介されていた絵本です。…

つつじのむすめ」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

つつじのむすめ 作:松谷 みよ子
絵:丸木 俊
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1974年
ISBN:9784251030054
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,686
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • つつじの赤は炎の恋

    つつじの赤は、燃えるようないちずな恋心だったのですね。
    ストレートで無垢な女心は、我をもかえりみず情念の世界に入り込んでしまう。
    凄くて怖いお話でもあります。
    それは魔性でもあり、狂気でもあります。
    でも、この感覚は思春期の軌道上にあるのかも知れません。
    五つの山を越えて夜毎に訪ねてくる女。
    しばらくは良かったけれど、男は憔悴しきってしまいました。
    女の魔性に疑念を抱き、怖れおののいてしまいます。
    それは憎しみに変わり、殺意に変ります。
    激しい恋の世界は、死と隣り合わせの危険を伴っているのでした。

    子どもはどのように感じるのだろう。
    凄い絵本です。
    多分、成長に従って感じ方も変わってくるのでしょうね。
    私だったら、うれしいような怖いような…。
    …、やっぱり逃げてしまうでしょうね。

    投稿日:2011/03/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「つつじのむすめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット