虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
スケボウさん 40代・ママ

虫がかわいくみえるかも♪
私は虫が苦手です。 でも娘はちっとも…

百まいのドレス」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

百まいのドレス 作:エレナー・エスティス
絵:ルイス・スロボドキン
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年
ISBN:9784001155792
評価スコア 4.77
評価ランキング 622
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  50年前のアメリカの作家さんの作品と知り、驚きました。
     今の時代にも垣間見る、少年少女の残酷なからかいや蔑みの光景。
     
     ポーランド移民の子ワンダ。
     身なりからして、経済的にも相当貧窮していたようです。
     学校に来ても、言葉もおそらく不自由であったことでしょう。
     授業でも躓き、先生の説明にも黙り込むほどですから、クラスメートに流暢に英語で話しかけられるはずがありません。
     彼女の存在は、クラスの中で無きに等しい状況だったようです。
     その彼女の、一言を聞き逃さず執拗にはやし立て、待ち伏せまでするようになるペギーとマデライン。
     こんな子に百枚のドレスがあるわけが無いと決め付け、意地悪い質問攻め。
     読んでいて、人間の心の中にあるこの残酷さ意地悪さが悲しくなります。
     できるなら神様にお返ししたい人間の醜い感情です。

     決して、少年少女ばかりじゃない。
     大人社会にもこんな場面は、どこにでもあるガッカリする光景です。
     せめて、学校で学んでいる時間は、子供は等しく対等の存在で一心に黒板を見つめられる環境であるべきなのに。
     着ているもの、住んでいるところ、親の経済力、使っている言葉、親からプレゼントされた名前、身体的特徴など、どれもこれも本人がいかんともしがたい事由です。
     それをあげつらい、からかうことを喜びとする周囲の子供たちの心の貧しさ。
     
     マデラインの煩悶の中に、少女の心の中の内実が描かれていて、ほっとします。
     ワンダの転校で、ペギーとマデラインが考えを改める機会を持て良かったと思います。
     また、ワンダの百枚のドレスが本当であったことも、転校後彼女にそれが評価されたことを手紙で伝えられたことも良かった。
     そして、ラストでペギーとマデラインの気づいた事に、こみ上げてくるものがありました。
     
     読むと時にはワンダの立場に立てるのに、本を離れると知らず知らずペギーやマデラインのようなことをしていることがあるやも知れぬ事に、息子にも気づいて欲しいと思い薦めました。

    投稿日:2010/06/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「百まいのドレス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / からすのパンやさん / だるまさんが / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット