宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぼくのいもうと」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくのいもうと 作・絵:浜田 桂子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\728+税
発行日:1996年
評価スコア 4.22
評価ランキング 17,247
みんなの声 総数 8
「ぼくのいもうと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 3歳8ヶ月の息子に読んでやりました。もうすぐ妹が生まれるので、おにいちゃんとして妹への接し方などを理解してくれるかなーと思って読んでやりました。でも、この絵本はちょっと難しすぎたかも・・・。

    妹はとてもにぎやかで活発。一緒の幼稚園に行くし、おにいちゃんとよく遊ぶけど、できないことできることがはっきりしていて、わかりやすい。にぎやかだけにちょっとけむたいことも。でも、扁桃腺をはらして休んでしまった妹はちょっとつまらない。当たり前だったことが当たり前ではなく、なにをしても妹から反応がなく、心配でさびしい。だから、元気になったとき、ちょっとその元気さが許せるあにきなのです。

    こういう兄弟間の微妙な心のやりとりってなかなか難しいですよね。それを見事にイラストとあわせて表現しているところはなかなかですが、子供向けというよりは大人向けかなー。こんな活発な妹だったら大変だね、とか二段ベッドを使っている様子を見せてあげる事ができるくらいですね。

    投稿日:2011/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妹思い

    妹思いのおにいちゃんにうれし涙がでました。おにいちゃんが、あやちゃんの好きなうさぎをあやちゃんが眠るベットの傍に12匹も並べて見守る姿にやっぱり泣けてしまいました。いつもは、うるさいあやちゃんが邪魔な存在ってあると思うけれど、病気で元気がないあやちゃんを心配するのはやっぱり兄妹だと思いました。兄弟、姉妹のある子には特に読んであげたい絵本だと思いました。優しさ、思いやりに溢れる温かい絵本です。浜田佳子さんの絵本大好きです。

    投稿日:2010/10/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくのいもうと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【えほんdeみらい】高原かずきさん 永井みさえさん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット