アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

こんなしっぽでなにするの?」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

こんなしっぽでなにするの? 作:スティーブ・ジェンキンズ ロビン・ペイジ
絵:スティーブ・ジェンキンズ ロビン・ペイジ
訳:佐藤 見果夢
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784566008595
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,539
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 衝撃

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    コールデコット賞受賞作品ということで読んでみました。

    きょぶママさんのレビューと同じで、
    我が家でも印象に残ったのが、
    コオロギの耳(前足の外側にある)、
    ツノトカゲの目(追いつめられると血をふきだして敵をおどす)でした。

    6歳の息子は「コオロギのことは知ってるよ」、
    と、後ろのページで答えを知る前から教えてくれました。
    さすが、虫好き。
    幼稚園の本で年中の時から知っていたそうです。
    私は30代になるんで知りませんでした。

    寝る前、「目から血を吹き出すんだ・・・」と
    しみじみと思い出していた息子。
    よっぽど、衝撃だったんだね。わたしもよ。

    投稿日:2019/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1年国語単元「どうぶつの赤ちゃん」で紹介

    学校図書館では、小学校の1年生の国語単元『どうぶつの赤ちゃん』では、さまざまな動物の赤ちゃんの特徴について調べるお手伝いをしてきた。子どもたちは動物、特に動物の赤ちゃんに対して親近感をもっており、動物の生態について説明している絵本を紹介すると必ずたくさんの子どもが借りていく。
    この絵本では、表題の「しっぽ」についてだけでなく、鼻、耳、目、足、口の特徴について説明されている。まず、はじめのページに各部分がアップで紹介。ページをめくるとその部分をもった動物の全身図と固定観念を覆す驚きの機能が簡潔でリズム感のある文章で説明されている。クイズ形式で紹介していくことも。また、巻末には、本文中に出てきた動物の特徴も紹介されている。

    投稿日:2009/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「こんなしっぽでなにするの?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / いないいないばあ / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット