新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう」 大人が読んだ みんなの声

ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう 作:中川 ひろたか
絵:高畠 那生
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2020年01月11日
ISBN:9784799903407
評価スコア 4.38
評価ランキング 12,693
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 極度の被害妄想に思えるウォッシュバーンさんに、うつ病かと思ったら、外に出ない理由のトーンがだんだん変わってきて…。
    単なるノロケじゃありませんか。
    素敵な彼女がいらっしゃるウォッシュバーンさん、油断禁物、犬につまずいただけでは終わらないかもしれませんよ。
    ナンセンス絵本かと思ったら、結構恋愛の真理を突いているような作品です。
    子どもにはわからんだろうな〜。

    投稿日:2021/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 取り越し苦労!?

    ウォッシュバーンさん、という一度聞いたら忘れられないインパクト大な名前。
    そのウォッシュバーンさんが家から出られない理由が、どれもありえないものばかりで、またラストに近づくにつれて、どんどんぶっ飛んだものになっていくのが、くるぞくるぞって感じで面白いです。
    でも、本当の理由は…。そりゃあ家から出られませんよね。

    投稿日:2021/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありえる!?ありえない!?

    「取り越し苦労」を私もしてしまうタチなので気持ちはわからなくもないですが(笑)。
    だんだんその理由はありえない!?ようなナンセンスで面白い1冊です。
    今年は思いがけぬ「ステイホーム」を余儀なくされたりと、こんな時にもぴったりな1冊に思いました。

    投稿日:2020/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • しれないじゃない

    2020年1月刊なので、コロナ禍は想定外でしょうが、
    ステイホーム中に「いえからでない」が妙に引っかかってセレクト。
    物々しい題名ですが、中川ひろたかさんと高畠那生さんのコンビですもの、
    心して読み進めました。
    ウォッシュバーンさん?
    いたって平凡な青年のようです。
    さあ、ウォッシュバーンさんが語る、13の理由を検証してみましょう。
    〜しれないじゃない、と繰り返される言葉は、妄想なのか、予言なのか。
    全てはラストのために?
    お誕生日だったのですね。
    だとすれば・・・。
    突っ込みどころも、オチもありますが、いろいろ解釈できそうです。
    小学生くらいから、いろいろ楽しんでほしいです。

    投稿日:2020/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 中川ひろたかさんと高畠さんのコラボの絵本
    ナンセンスなストーリーで 家からでない13の理由
    声だして読むと  「・・・・・・  しれないじゃない」 
    ちょっと 笑える

    こんな ナンセンスに  はじめは こんな事もあるかもと思えましたが・・・・
    だんだんと ナンセンスなストーリーに 苦笑いです
    かぐやひめや ものたろうなんか こんなことありえないよ!

    でも・・・・本当の理由は 彼女からのプレゼントを待っていたの?

    「ばら100本 おとどけに まいりました」
    手紙には「お誕生日 おめでとうございます
    午後7時に 橋の上で会いましょう 
                         ステファニー」

    これ ラブレターじゃない   これを待ってたんだ!

    でもね ニコニコ おめかしして出かけたまでは いいのですが・・・
    ラストに ズッコケル! (笑い)

    投稿日:2020/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外と大人っぽい絵本

    楽しいタイトルに惹かれて手に取りました。
    高畠那生さんのイラストは、親子で大好きなので、ウキウキしながらページをめくりました。
    家から出ない理由が、こんなことだなんて…とは思うのですが、クライマックスにかけて、盛り上がっていくのが面白いです。
    オチは、ちょっと大人っぽいので、中学生とか、大きい子にもオススメです。
    我が家の長女(高校生)も、この絵本おもしろいね。と言っていました。

    投稿日:2020/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウォッシュバーンさんが災難に合うかもしれないときの顔が、いちいち面白かったです。
    ドアに挟まれている姿なんかは、「アウッ!」って、声が聞こえてきそうです。
    からすの時は「ヒヤッ」かな?、くもの巣の時は「チェッ」かな?
    ページをめくるたびにその反応にワクワクしている自分がいました。

    テキストは短いのに、的確にウォッシュバーンのその時々の状況が伝わってくる。
    さすが、中川ひろたかさん×高畠那生さんの作品だなと思いました。

    身近にありそうでなさそうなユーモアにクスッとなってもらえたら、「やった!」って感じですよね。
    3,4年生くらいから中学生くらいのお子さんたちにお薦めです。
    今は時期的に読み聞かせに入ることが難しい時期かもしれませんが、こんな時こそ、せめてご自宅で、自分のお子さんたちに読んであげてください。

    投稿日:2020/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふきだしのフッキー
    ふきだしのフッキー
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    モノの声を代弁することができるフッキー。「ごめん」が言えないゆうくんのもとへ、フッキーがやってきて…


出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 7

全ページためしよみ
年齢別絵本セット