新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

オバケちゃんとおこりんぼママ」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

オバケちゃんとおこりんぼママ 作:松谷 みよ子
絵:いとう ひろし
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,210
発行日:1991年10月
ISBN:9784061952843
評価スコア 4.25
評価ランキング 19,935
みんなの声 総数 7
「オバケちゃんとおこりんぼママ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 優しい気持ちになりたいね

    森の中におばけの親子が住んでいます。

    こどものおばけはオバケちゃんです。

    体が水色でちょっとかわいいです。

    お父さんのいびきが大好きなオバケちゃん。

    お母さんの寝息も大好きです。

    おばけは夜起きます。

    起きなさいと何回も言われるオバケちゃん。

    そこは人間と一緒ですね。

    オバケちゃんは蜘蛛の巣を見つけると

    一本ずつ吸い込んでお腹に溜め込んで

    そしてまた吐き出して糸を束ねます。

    優しい音が聞こえたので

    オバケちゃんは行ってみると

    女の子がオルガンをひいてました。

    その女の子と、「ママってなんだろう」と

    話してました。

    おばけの子も人間の子も同じでしたね。

    ガミガミ言いたいわけじゃないけど、

    お母さんはついついガミガミしちゃうものです。

    きをつけないとダメですね。

    さっきのみこんだ糸と、オルガンの音が

    すてきな結果をもたらします。

    みんなが優しい気持ちになるといいですね。

    投稿日:2021/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「オバケちゃんとおこりんぼママ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / おおきなかぶ ロシアの昔話 / うずらちゃんのかくれんぼ / バムとケロのさむいあさ / かいじゅうたちのいるところ / もこ もこもこ / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2022年5月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット