宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

げんきにおよげ こいのぼり」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

げんきにおよげ こいのぼり 作:今関 信子
絵:福田 岩緒
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年
ISBN:9784774604985
評価スコア 4.43
評価ランキング 9,689
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こいのぼりの由来

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    3歳と5歳の子に読みました。
    こいのぼりの由来がわかる絵本です。
    私はなんとなく知っていましたが、絵本で改めてそうかーと思いました。
    こどもはそんなには由来には興味がなかったみたいで、それよりもこいのぼりをみんなでつくってあげるところのほうを楽しんでいたみたいです。それはそれで。
    手作りこいのぼりはやっぱりいいものだと思います。

    投稿日:2017/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • こいのぼりの由来

    もう1ヶ月もしないうちに端午の節句なので読んでみました。息子達はこいのぼりの由来を知りませんしこの本を読んでもよく理解出来ていなさそうですが。みんなでこいのぼりをつくって飾りに行くというのが羨ましかったようです。いえの近くの川にもえほんと同じように川にこいのぼりが連なって飾ってあるところがあるのでそこを連想したようです。絵本の巻末に端午の節句の解説が載ってます。わたしも知らないことが多いので非常に勉強になりました。

    投稿日:2014/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らなかったなあ

    自分が何気なく行ってきた様々な行事にも、由来はあるわけですよね。
    「そういう行事がある」のが当たり前で、特に考えもせずに大人に
    なってしまったのですが、こうして絵本を読んでみると、知らなかった
    ことにたくさん出逢うことができて興味深いです。

    少し前に娘に読んであげた同じシリーズの『ひなまつりにおひなさまを
    かざるわけ』は、なんとなく想像はできていたのですが、こちらの、
    こいのぼりについては全く想像できませんでした。

    元々は女性の節句だったなんて!
    鯉という魚もいかにも日本的なイメージだったのですが、中国の
    故事から考えられたものだったのですね。
    そうして江戸時代、武士がたてていた「はたのぼり」のかわりに
    町民がたてた「こいのぼり」だったとは。
    もしかしたら娘よりも大人である私の方が衝撃だったかもしれません。
    娘は「なんにもない状態」で由来を聴くわけですから、普通に、さらさらと
    入っていったと思うのです。

    他の由来えほんも読んでみたいと思います。

    投稿日:2012/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後のページのこいのぼりはどこへ??

    こいのぼりの由来を知ることができ、親も子も楽しめました。

    理屈っぽいタイプの息子は、「うん、うん」と頭にインプットして
    かなり満足したようでした。
    でも、最後のページで、幼稚園の子供たちの作ったこいのぼりが、
    糸をつけずに空を泳いでいるのが気になって仕方なかった様子。

    なんで?なんで?と聞かれ、困ってしまいました。
    (イメージカットでしょ、とは言えないし)
    途中までが現実っぽかっただけに、頭が切り替えられなかったのかな?

    でも、楽しく、明るい気持ちになれる素敵な本だと思いました。

    投稿日:2012/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • こいのぼりの由来

    こどもの日が近いので、読んでみました。
    我が家は女の子だけなので、こいのぼりを飾ることはありませんが、絵本で節句の気分をだそうかと思います。

    こいのぼりの始まりが、わかりやすく物語になっていて、大人でも参考になりました。
    あとがきもとても勉強になるので、ぜひ読んでみてください。

    こちらの「行事の由来絵本」シリーズは、わかりやすく知識がつくので、季節の行事が近づくたびに活用しています。

    投稿日:2011/05/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「げんきにおよげ こいのぼり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット