がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ぼくは、つよくておおきい、ちびゴジラ。

げんきなマドレーヌ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

げんきなマドレーヌ 作・絵:ルドウィッヒ・ベーメルマンス
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1972年11月
ISBN:9784834003628
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,228
みんなの声 総数 105
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 思い出の一冊

    • まおずままさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、女の子3歳

    子供の頃に大好きだった一冊です。
    マドレーヌが、夜中に泣き出し、ミス・クラベルが様子を見に来るところの描写、マドレーヌが手術のために入院した部屋にあるシミがウサギに見える所が特に気に入ってました。

    今、自分の子供に読み聞かせてみて、勢いのある絵とテンポ良く読める言葉、物語の展開、なかなか好きだなぁと思います。

    投稿日:2014/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳男子が気に入っています

    • おゆみさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    女の子向けかな〜と思いながらも3歳男児に読み聞かせしました。
    興味ないかな〜と心配しましたが、とても気に入ったようです。

    12人いる子供達を各ページで数えるのも楽しいですし、パリの風景を見ながら、こどもに説明するのも楽しいです。

    日本語訳もシンプルながらよく考えられていて、読みやすく印象に残りやすい。

    とても良いと思います。

    投稿日:2013/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキだね

    • りゅうあさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    主人が昔読んでとても良かった!!と勧められ、手に取りました。

    パッと表紙を見た感じでは、少し暗いイメージを持ちましたが、中のページをめくる度、パリの素敵なデザインが広がっており、絵本の世界に吸い込まれてしまいました。
    1ページ1ページに大きなデザインで、文章は少しずつなのでテンポ良く読め、今までに出会ったことのないジャンルの絵本で、今では息子も私も気に入っています。

    寄宿舎という設定や、盲腸炎という設定が、息子にはまだ早いかなと思いましたが、全く問題なかったようです。

    投稿日:2010/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • パリの風景の絵が素敵!

    少し大きめな本の1ページいっぱいに大きく描かれたパリの風絵がとても素敵な絵本です。表紙のエッフェル塔,見返しのコンコルド広場,オペラ座などなど・・・
    親子共々うっとりと見入って鑑賞しながらの読み聞かせです。
    パリの寄宿舎で過ごす女の子たちのお話なので,男の子にはどうかな?と思いましたが,息子も入園して幼稚園での団体行動と重なって楽しめてるようで,パリの風景と共にストーリーもお気に入りです。
    近いうちに残りのシリーズも全部揃えたいな思います。

    投稿日:2010/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • マドレーヌちゃんになりきり!

    • ひなぎぬさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    ずっと気になっていたマドレーヌちゃん。
    3歳の娘には、まだ早いのかな?
    う〜ん、でも読んでみたい・・・。
    もっぱら母(わたし)の趣味で選んだ絵本でした。

    パリ、寄宿舎、先生はシスター、この設定についてきてるかな?
    心配しながらの読み聞かせでしたが、大丈夫、心配無用!

    おそらくハテナの多い内容だったでしょうが、面白さがハテナを上回ってぐいぐい引き付けられていました。
    それに、100%理解できる内容じゃなくちゃいけない、っていうのは大人の思い込みかも・・・、と反省しました。
    わからなくても、想像で補って絵本の世界に入る柔らかい心をこどもは持っているのかもしれませんね。

    投稿日:2009/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • おしゃれ

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    なぜか医療もののテレビ番組が大好きで、手術のシーンなどには大喜びの娘には、まさにツボな一冊でした。ちょっと聞きなれない言葉や独特な言い回しがあってまだ難しいかな、と思ったのですが、そんなことお構いなしに気に入った様子です。
    私は額に入った絵画のような絵が気に入りました。この絵本の存在は知っていたのですが、きちんと読んだのは初めてだったのです。おしゃれな雰囲気とウィットの効いたおはなしで、どちらかというと大人が好きな絵本かな、と感じました。

    投稿日:2009/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な魅力

    • ほしのさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    まず、最初に思ったのが、「文が少ない〜でした」
    一般的な絵本のサイズからして、すごーく大きなサイズの絵本で、でも、1ページごとの文は少ないです。
    リズミカルな文章で、気持ちがいいです。
    娘は、一度読んでもらっただけで、気に入って、自分で声を出して読むのも大好き。
    時々ページを開いて持ってきて、ここ何て書いてあるの?ときいてくるので読んでやると、一生懸命、文をまるごと暗記しています。

    深く考えると3歳児には難しい内容ですが、何故?なんて疑問も持たずに娘は楽しんでいます。
    もう少し大きくなったら、どうして両親と一緒に暮らしていないのか?などの疑問も持ち始めるかも?

    ところで、12人の女の子がみんなよく似ています。というより、マドレーヌが、ページによって髪型も違うし、どこにマドレーヌがいるの?
    そして、12人の筈が13人だったり、マドレーヌが入院して11人の筈が12人いたり、???な絵本なんだけど、不思議な魅力を感じます。

    1939年のアメリカの絵本なんですね。同じ年に、アメリカでは映画「風と共に去りぬ」が公開され、世界史的には第二次世界大戦が始まった年なんですが、その頃日本はどんなだったのかなと考えると、こういう絵本が当時作られたアメリカってすごいなと思うし、フランスでも、こういうゆったりとした生活があって、かつ傷病兵が出てくるのは、戦争というものが身近な所にあったんだなと、感じます。
    「むねのいたむ」のは、怪我をした人、だからではなく、戦争で怪我をした人だからなんですね。そんなことが分かるのは、ある程度大人になってからでしょうね。
    大人は子どもとは違った魅力を感じる絵本かもしれませんね。

    投稿日:2009/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • まずはこれ!

    タイトルは「げんきなマドレーヌ」なのに、マドレーヌちゃんがお医者さんに見てもらってる!と心配になりましたが、たしかに元気なマドレーヌです。
    お医者さんを嫌がることもなく、しかも盲腸の傷をみんなに自慢してしまうところがマドレーヌちゃんらしいと思いました。
    娘も「マドレーヌちゃん、すごい!」のひとこと。何せ病室にはいっぱいのおもちゃがあってとても魅力的でしたからね。
    このお話を読まないとマドレーヌちゃんのお人形の傷跡の意味がわからなかったです。
    この絵本とあわせてお人形を楽しむといいですね。

    投稿日:2009/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘にオチを教えられました。

    • なつえさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳

    長く愛されている絵本だと知って、図書館で借りてきました。

    3歳の娘には…ちょっとまだ早かった?
    設定が(おそらく)寄宿学校というところから「???」。「ほら、『くまのがっこう』みたいなところだよ」と説明すると、「ああ」とわかったようなわかっていないような…ミス・クラベルと何度も「お母さん」だと言い「子どもがたくさんいるねえ」と。ミス・クラベルの服も気になって仕方がない様子。

    テンポよくリズムよく話が進むので、私は話に引き込まれるのだけれど、娘は「ふっても」「てっても〜」から動物園まで、すべて1日のできごとだと思って「ずいぶんとおい動物園まできたねえ!」。(娘曰く、「だって家に帰ってないもん!」)

    そんな風にとんちんかんなまま読み進めていると、マドレーヌをお見舞いに行くところから娘が食いつき始めた。おもちゃいっぱい、お菓子まである病室に夢中になり、ベッドのハンドルを回して遊ぶ女の子に共感。傷をみせるところなんて「気持ちわかる〜!」(どんなにちっちゃい切り傷にも傷テープを貼りたがり、見せびらかしに来る娘ならでは…)

    お見舞いに行った日の夜、皆が夜中に騒ぎ出すところ、私は「みんな、マドレーヌがかわいそうで、一緒に病院にいてあげたかったんだなあ」なんて考えていました。ところが…娘は「みんなおもちゃで遊びたいんだよ!さっきさあ、おもちゃもおやつもあったでしょ?」。

    内心で「ええ?そんな…」と思って娘とページを戻ってみると…確かにパンを食べる場面、歯を磨く場面、寝る場面、すべて『悲しんでいる』というよりは、どちらかというと『ふてくされている』表情。
    娘も「パン食べたくないんだよ。キャンディーの方がいいんだよ」

    最初から素敵な絵、素敵な話で、すっかり感化されていた私。まさか最後にオチがあるなんて思いもしなかった。私の頭はすっかり固くなっているなあと反省。長く愛される理由がわかりました。

    前半部分がほとんど理解できていない娘。間をあけてまた読んだとき、もっと他の部分も気づくかなあ…と購入を決意。


    …ところでお見舞いから帰った夜、パンを食べる場面で12人も女の子がいるのはなぜ?他の場面はマドレーヌ以外の11人の女の子なのに。何か意味があるのかな?

    投稿日:2016/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味津々

    • すっくるさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳

    娘がマドレーヌとであったのは、友達にマドレーヌシリーズの別の本をもらったのがきっかけ。
    本屋で見かけて、読んでみる!という娘。
    題名とは裏腹にマドレーヌが病気!!!
    いま、お医者さんごっこにはまりまくりの娘には
    大ヒットで、黙って興味津々に覗き込む。
    一言も発しないで聞いている娘、読み終わって
    「もう一回読んで。なんだかおもしろいねぇ」だそう。
    で、もう一度読むと
    「もう一回読んで。なんだかへんだねぇ」だそう。

    なつかしきマドレーヌ絵本。
    娘に読んであげるなんて、なんだかうれしいです。
    しかし、相変わらずつかみどころのないストーリーなのに
    ほのぼのさせてくれるこの絵本。好きです。

    投稿日:2015/04/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「げんきなマドレーヌ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの / かいじゅうたちのいるところ / 100まんびきのねこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(105人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット