なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

木をかこう」 大人が読んだ みんなの声

木をかこう 作・絵:ブルーノ・ムナーリ
訳:須賀敦子
出版社:至光社 至光社の特集ページがあります!
本体価格:\1,429+税
発行日:1982年
ISBN:9784783401322
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,697
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 育児の合間に

    絵本ばかりでちょっと食傷気味だった時に、まあ、これも絵本なんですけど、ちょっと息抜きがてらに読んでみました。
    色々なメソッドが紹介されていて面白く、ちょっと木の絵をかいてみたくなりました。
    特に気に入ったのが巻末の言葉、

    完全なものは美しいが、ばかげている、
    完全なものをつくりあげたら、
    あとはそれをこわしてしまえ

    恐らくいろいろな芸事に通じる言葉でなないでしょうか。
    私は、この言葉の意味を自分のものにする、自分の個性を発揮することだと思っています。
    色々な事を教わっても、ただ同じようにやるのではなく、自分のうちにいれて咀嚼し、個性へと変貌させる。
    そういうことができるから人間としての価値がでるのかな、と思っています。

    投稿日:2013/06/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自然の規則

    表題そのまま、木を描く時のポイントを解説してあります。
    木の伸び方(分かれ方)には規則があるので、それを押さえればいいのですね。
    先の方になるにつれ、細くなること。
    あらためて、木の造形って奥深いなあ、と感じました。
    と同時に、このことを題材にしたムナーリの視点に拍手!です。
    小学校高学年くらいから、気を描く醍醐味を感じてほしいです。

    投稿日:2019/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵を描く人のための「入門書」では?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    普通の絵本というより、絵を描く人のための「入門書」といった感じでした。

    木を一つとっても見ても、こんなにもいろいろな見方、捉え方描き方があるんだと、
    それぞれの違いを描いてくれていることで、よく伝わってきました。
    同じようなタイプの木でも枝振り、幹の太さ、葉の生え方、それぞれに特徴があり、面白かったです。
    説明がとても分かりやすいので、小学校の高学年くらいから、絵の勉強をしたい。絵に興味があるという人は手に取ってみてはいかがでしょうか?

    投稿日:2011/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が描けないひとにも

    • PDさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子8歳

    木をかこう
    というタイトルのとおり、たくさんの木の絵が出てきます。
    木の紹介もさることながら、「かこう」ということで、読者にも木を描くことを促しています。

    と、そこまでならあまり珍しくない本かもしれませんが、そこはそれ、ブルーノ・ムナーリのこと。
    絵を描くのが苦手、とか、絵を描きたくない!という人にも簡単に木を描ける方法を教えてくれています。
    これはちょっと、目からうろこです。
    これ以上は読んでみてくださいね。

    投稿日:2008/04/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「木をかこう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット