100円たんけん 100円たんけん 100円たんけんの試し読みができます!
文: 中川 ひろたか 絵: 岡本 よしろう  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
100円でなにが買える? お金の見方がちょっと変わる、 はじめてのお金えほん!

宮沢賢治の絵本 どんぐりと山猫」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

宮沢賢治の絵本 どんぐりと山猫 作:宮沢 賢治
絵:田島 征三
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784895881135
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,524
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いちばん偉いどんぐりは?

    いちばん偉いどんぐりを決める裁判で、裁判長の山猫がかなり困っていたところ、男の子がアドバイス。

    いちばんどうしようもないどんぐりが一番偉い。(意訳)

    そういわれて、俺だ!と言えるどんぐりがいなくて、山猫が喜んだのでした。

    なかなかトンチがきいていました。

    でも、絵は少し怖いというか、娘の好みではなかったです。

    投稿日:2015/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんぐりって不思議。

    季節限定の宝物。子どもは誰だってどんぐりが好き。

    どんぐりを拾って、ポケットに忍ばせて、色んな所に隠してる。

    そんな子どもの夢の延長線に、この本がある。

    わいわいがやがや。どんぐりたちの騒ぎが本当に聞こえてくるよう。

    どんぐりたちの騒動に、巻き込まれた男の子の一生懸命なこと!

    リアルな友達の揉め事は嫌だけど、どんぐりたちの揉め事なら、何だかユーモラス。

    この本を読んだ後は、どんぐりたち、いやリアル友達とのもやもやも、吹っ切れそう。

    宮沢賢治の世界、手始めにこの本から読むのがお勧め。本当に楽しい!

    投稿日:2015/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんぐりが可愛い

    娘が5歳の時に読んだ本です。

    宮沢賢治のお話は好きだったり嫌いだったりと
    娘にも好みが分かれる様子。

    このお話に関しては大好きなようです。
    お話しの面白さもさることながら
    裁判を起こすどんぐり達の可愛いこと!
    この絵が何倍もこのお話しを楽しくして
    くれていることは間違いありません。

    人間から見ると小さなドングリの裁判でも
    当事者達は大まじめ、そしてそれはすなわち
    私達人間を投影していると思うと深いです。

    投稿日:2013/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユニークな絵が迫力です。

    • ポピンズさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    小学生の頃、賢治の作品集の中でも、読みやすかった作品で、印象に残っていた作品です。
    最近ドングリ拾いに夢中の子ども達、秋といって、どんぐりを素通りしなかったことはかつてありません。
    今年の秋は、「どんぐりと山猫」との娘との出会いという貴重な季節。
    いくつか手にしたフェアの賢治作品の中から、これは、絵が怖いかな、と思っておそるおそる手渡したのですが、娘の反応はいつも私の予想を見事にかわします。
    怖いかと思った馬車別当の顔も「なんでこの人片目ないの?」とは聞いてきましたが、そういうものとして受け入れている様子。
    娘的には、絵というよりも、ストーリーを楽しんだようです。
    「裁判」という意味も、園の劇で「アリス」の裁判を熟知して大好きだった娘のこと、よく理解していました。
    (関係ありませんがアリスにはチェシャネコが出てくるので、裁判とネコの関係がおもしろかったようでもあり)
    私としては、話を知っていた上で、絵を楽しんだので、当時思い描いていたドングリがそのまんまよりも、田島さんの絵によってなんとも不思議さを醸し出した味のあるドングリたちになっていることや、舞台となる「美しい金色の草地」で「まわりは立派なオリーヴ色のかやの木のもり」のページが風情ある描かれ方だなぁと感心しました。
    帰り道の馬車の場面共々、現実から非現実に行って帰る通り道が、田島さんならではの色づかいで幻想的なタッチになり、素敵だと思いました。
    フェアの作品を知ったお陰で、賢治の世界を色々な画家さんで楽しみなおしたいという魅力にとりつかれました。

    投稿日:2010/11/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「宮沢賢治の絵本 どんぐりと山猫」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おつきさまこんばんは / どうぞのいす / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / うずらちゃんのかくれんぼ / キャベツくん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット