宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

宮沢賢治の絵本 どんぐりと山猫」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

宮沢賢治の絵本 どんぐりと山猫 作:宮沢 賢治
絵:田島 征三
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784895881135
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,523
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 迫力がある 受賞レビュー

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子12歳、男の子10歳

    宮沢賢治の作品はいろんな方によって作品化されていて
    それぞれどの本がいいのか甲乙つけがたいところですが、
    私なりに「この物語はこの絵で」という風にこだわりを持って揃えています。
    「どんぐりと山猫」はこの絵がしっくりきました。

    ネコの絵に迫力があり、なんとなく荒いタッチな感じがお話の世界に
    入り込みやすいです。

    宮沢作品はなんとなく悲しく切なくなるようなお話も多いのですが、
    どんぐりとヤマネコは安心して読める一冊のように思います。

    投稿日:2014/06/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • ユーモアたっぷりにいきいきと

    『とべバッタ』や『ふきまんぶく』など、田島征三さんの迫力のある絵が大好きなので、田島さんの描く宮沢賢治の世界も楽しみでした。
    登場人物たちがユーモアがたっぷりにいきいきとして描かれています。
    10歳の娘も表紙の絵に興味を持ったようで「面白そう」と、ひとりで黙々と読んでいました。そして読み終わった後、「あらら。ふつうのどんぐりになっちゃった」とつぶやいていました。どんぐりと山猫が裁判でやりとりする繰り返しのところが面白かったそうです。
    宮沢賢治の作品の中でも小さい子にも分かりやすいお話だと思うので、大勢への読み聞かせなどでも読んでみたいと思います。

    投稿日:2014/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵と物語の融合

    宮沢賢治の『どんぐりと山猫』をここまで、一体化させて盛り上げている田島征三さんは素晴らしいと思います。

    裁判へのお誘いの手紙が一郎の手元に届きました。
    出かける一郎の出会う様々な動物たち、山猫、山猫の馬車別当との出会い、一種独特な宮沢賢治の言い回しまで、包み込んで、田島さんは自分の世界を作っています。

    投稿日:2014/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「宮沢賢治の絵本 どんぐりと山猫」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おつきさまこんばんは / どうぞのいす / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / うずらちゃんのかくれんぼ / キャベツくん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット