もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ぼく、あめふりお」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼく、あめふりお 作・絵:大森 裕子
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2007年06月
ISBN:9784774610597
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,356
みんなの声 総数 43
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • だいすきなお友達の為に

    • うさうさこさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳、女の子2歳

    てるてる坊主なのに、いつも雨が降ってしまい仲間からも嫌われてしまうんですが、雨が大好きな女の子と出会いたくさん遊んでもらう姿が、とっても楽しそうです。

    いろんなことして遊ぶ絵を子供と指さして「かわいいね」と言いながら読んでいました。

    そんな女の子のお願いの為に、そっと家を出るところ、きっとずっと一緒に居たいんだろうに優しいなーと、ほろっとさせられます。

    投稿日:2011/11/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • せつないけど、元気が出る本

    てるてるぼうずなのに雨男。
    おひさまに会いたくて、旅にでる あめふりお。
    行けども行けども、あめ、あめ、あめ・・・。
    すごく寂しそうです。

    そして、女の子との出会い。
    それでもやっぱり、あめ、あめ、あめ。
    でも、心はほんと晴れ晴れ☆

    そして、別れ・・・。
    あめふりおの優しさに思わず胸がぎゅってなりました。
    でも、あめふりおの表情は元気いっぱいです。
    だって、すごく素敵な「おひさま」に会うことが
    できたのですから!

    せつなさと強さと優しさがミックス。
    あめふりおの周りは、変わらず あめ、あめ、あめ。
    でも、なんだか元気を与えてくれる本でした。

    投稿日:2011/07/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 雨もよいものです

    梅雨の頃毎日雨が降ったりすると
    流石に早くお日様をおがみたくなりますね。

    てるてる坊主なのに雨男の「あめふりお」
    他のてるてる坊主に邪険にされます。
    一緒に並んでいたら誰が本当の雨男か
    分からないだろうにと親子で可愛いあめふりおを
    応援しました。

    そんな時出会った雨が好きだと言う女の子。
    沢山雨の中、外や家の中で遊びます。
    雨も悪くないとあめふりおが思っている頃
    お友達と次の日出かけるので、お天気を
    お願いされてしまうなんて、親の私としては
    ブルータスお前もか!と一瞬裏切られた心証。
    子供に素直に「まあまあ女の子は雨男と
    知らないかもしれないから」と言われてしまいました。

    切ない気持ちが一杯ですが、女の子の笑顔と
    思いやりを素直に受けて強くなったあめふりおの顔が
    とても大人になった気がしました。

    投稿日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • いいお話し

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    自分がいると雨を降らせてしまい、おひさまを見たことのないてるてるぼうずが、とてもかわいい自分のおひさまを見つけるお話し。
    天真爛漫、明るく優しい女の子がとってもかわいいです。
    その子のためにと、てるてるぼうずが立ち去るとき、しんみりせず、それでいて心があたたまる好きな感じの絵本でした。

    投稿日:2017/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良かったー

    5歳長女に借りました。とっても可愛い絵。でも、中身もとてもよかったです。

    てるてるぼうずなのに、仲間から「あめふりお」と呼ばれるてるてるぼうず。そんな「あめふりお」くんがお日様探しに出かけます。でも、雨降りの中「あめふりお」はお日様に出会うんです。このお日様って本当素敵。良かったーと安心しました。お日様と言ってもこのお日様、ちょっと違うお日様ですけどね。

    投稿日:2013/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこまで行っても雨なの…

    雨の日と言えば!
    子供とこんな連想ゲーム遊びをしていました。

    一番に答えたのが「てるてる坊主」だったので図書館に行きてるてる坊主の絵本を探して読む事にしました。

    表紙だけ見て借りてきたのですが内容はとてもよく感じました。

    てるてる坊主仲間に嫌われるあめふりお…
    あめふりおの回りではいつも雨が降るんです。

    てるてる坊主なのに?どうして?と子供も不思議に思っているようです。

    あめふりおはおひさまを探しに行く事にします。

    さて、おひさまに会えるかな…

    大人の私もなんだか切なくなるお話しで心に残る作品です。

    投稿日:2013/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼく、あめふりお」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット