宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

かさどろぼう」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

かさどろぼう 作・絵:シビル・ウェッタシンハ
訳:いのくまようこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年05月
ISBN:9784198623371
評価スコア 4.76
評価ランキング 671
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 次々と盗られてしまうお気に入りの傘。
    見つけた傘も犯人に残してあげるキリ・ママおじさん。
    おまけに傘やをひらいたおじさんは、犯人に感謝までしています。
    この物語にとてもユーモアを感じるのは、キリ・ママおじさんの心の広さのおかげですね。
    スリランカのちょっと変わった感覚の絵本でした。

    投稿日:2015/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鮮やかなカサがほしくなる

    同じ作者の『きつねのホイティ』もよかったので、こちらも読んでみました。南国らしい鮮やかな絵と、大らかで温かみのあるストーリーで、絵本の中に引き寄せられました。
    舞台はスリランカのとある村。それまで傘の存在を知らなかったキリ・ママおじさんが町で色とりどりの傘に出合い、「なんてきれいで、べんりなものだろう」と買って帰ります。ところが、村に帰ってお店でコーヒーを飲んでいるうちに、かさは誰かに盗まれてしまいました。何度かさを買って帰っても、全部盗まれてしまったキリ・ママおじさんは、ある時、どろぼうを捕まえようと、作戦を立てます。
    キリ・ママおじさんの大らかでやさしい行動が、やがて村の人たちに感謝されることになります。村にキレイな傘があちこちに開き、花が咲いたようになったシーンでは、とても幸せな気分に。「どろぼうがかさをぬすんでくれて、よかったなあ」というキリ・ママおじさんの言葉を聞いて、肩の力が抜けてとても楽しい気分になれました。
    今度自分も傘を買う時は、キリ・ママおじさんが買ったような、とびきりきれいな色の傘にしようと思います。

    投稿日:2012/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • のんびりとした空気感

    おじさんが盗まれたかさをどろぼうのために一本残してやるのが、すごいなあと思いました。

    私ならそんなことは思いもつきません。

    大切な傘を盗られているにも関わらずどこかのんびりとした空気感があります。お国柄なのでしょうか。

    雨・傘のお話とてもよさそうですね。

    どろぼうの予想は何となくつきましたが、楽しいお話だと思いました。

    投稿日:2009/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かさどろぼう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

うずらちゃんのかくれんぼ / どうぞのいす / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / くだもの / はじめてのおつかい / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット