新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

急行「北極号」」 大人が読んだ みんなの声

急行「北極号」 作・絵:クリス・ヴァン・オールズバーグ
訳:村上 春樹
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2003年11月
ISBN:9784751519998
評価スコア 4.74
評価ランキング 1,019
みんなの声 総数 84
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ココアが飲みたくなる

    毎年、クリスマスのシーズンになると、必ず読む本です。
    クリスマスの夜に、家の前に停まった蒸気機関車「北極号」に乗って、北極のサンタクロースを訪れるお話。
    このお話は、映画『ポーラー・エクスプレス』にもなりました。
    大人が読んでも、感動します。
    特に、北極号の中でみんなでココアを飲むシーンが大好きで、この本を読むたびに、温かなココアが飲みたくなります。
    この本を、小学校6年生のクラスで読み聞かせしたこともありますが、みんな興味深く聞いてくれました。
    とってもオススメのクリスマス絵本です。

    投稿日:2020/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬のファンタジー

    文字がとても多いので、自分で文章を読める年齢のお子さん向けかと思います。
    イラストが素晴らしく、まるで映画を見ているよう。
    表紙をみた印象は、「絵本にしてはちょっとリアルかも・・・」というものでしたが、しっかりしたおはなしに、すっかり魅了されました。

    投稿日:2018/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • こころから信じていれば

    幻想的な美しい絵です。
    おとなになってしまった主人公の
    子ども時代の貴重な回想録と言う感じですが
    その内容は子供にしかできないであろうファンタジーです。
    北極号にのって、北へ北へ駆けて
    サンタとトナカイたちのそりがある出発点へ。
    凍てつくような寒さをかんじる絵ですが
    とても美しい世界がありました。
    遠い昔のファンタジーを思い出せる絵本です。

    投稿日:2017/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスといえば

    クリスマスの絵本を毎年探すのですが、その度、読んでしまうのがこの絵本です。
    何回読んでも、ため息がでるような物語です。
    そして、この絵本の対象は、子どもたちはもちろんのこと、かつて子どもだった人もふくまれていると思います。
    かつて子どもだった私は、よみおわるたび、鈴の音、今もきこえているかな、いてほしいなと願ってしまいます。

    投稿日:2015/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • うっとり!

    とても美しくうっとりしてしまうようなイラスト,子供はもちろんですが大人にも読んでほしいクリスマス絵本です。
    サンタクロースを無垢に信じていた自分が懐かしく恋しくなります。
    まだまだサンタクロースの存在を信じている我が家の娘,信じている時期にこの絵本に出会わせてあげたいな☆と思いました。
    今年はクリスマス絵本を購入しようと思っているので候補です!

    投稿日:2015/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい物語

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子2歳

    静かに進む物語。
    クリスマスの奇跡です。
    村上春樹さん訳の絵本、
    言葉もしみわたる感じがします。
    文章部分を詰めて、絵がとても大きく迫力があります。
    クリスマスには読みたい、とても気持ちのいい進行、結末です。
    とてもロマンチックです。
    大人になっても主人公には聴こえる鈴の音。
    信じることの美しさにも心を打たれます。

    投稿日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 北極点

    大人っぽい雰囲気の、クリスマス絵本です。
    この本では、グリーンランドではなく北極点にサンタがいます。
    私は、その場所が気に入りました。
    グリーンランドだと「いつか行けるかも」と思えて、身近に感じる・現実感のある場所に思えます。
    でも、北極点には大人になっても行けません。
    限られた人しか行っていないのですから、サンタがいないとわかっている私にも「本当に、サンタがいるかも」と、思わせてくれました。

    投稿日:2011/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 澄み切った聖夜の空気を感じさせる

    C・V・オールズバーグの作品。翻訳をあの村上春樹がしている。
    村上春樹は他にもオールズバーグの絵本を訳しているが、この本はその中でも名訳だと思う。
    まさに「春樹節」といった言葉選びが、聖夜の空気を色濃く表している。
    特に余韻の残る最後のページが素晴らしい。

    ディズニー映画「ポーラ・エクスプレス」の原作本。

    中高生向けの読み聞かせに、自分へのクリスマスプレゼントに。
    珠玉のクリスマス絵本。

    投稿日:2010/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンタを待つ子供たちへ

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    ちょっと時期はずれなのですが、最近オールズバーグ作品にハマっていて、この絵本の評価が高かったので読んでみました。
    クリスマスのお話なのですが、サンタからのプレゼントを待つ子供に是非読んであげたい作品だと感じました。
    2歳の娘にはまだちょっと早いから、次かその次のクリスマスのときかな・・・

    世界中のたくさんの子供たちが「北極号」に乗り、サンタの待つ北極点へと向かいます。
    幻想的で優しい絵が、すっかりとクリスマスモードにさせてくれました。
    子供たちがクリスマスをどれだけ楽しんでいるのか、よく伝わってきます。

    大人になると忘れてしまうことって、たくさんあると思います。
    この少年のように、子供の頃の気持ちを思い出させてくれる宝物があるって素敵だなと感じました。

    投稿日:2009/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • むかしは....

     娘を持つ私は、きっと手にする事のなっか絵本たったと思います。
    本屋さんでおすすめの絵本になっていたので、手に取りました。
    絵がCGのように素敵でお話に取り込まれました。

    少年が、汽車に乗り込む絵本です。

    サンタの町に付いた汽車そこで待っていたのは....

    少年はサンタさんからプレゼントをもらいました、

    そのプレゼントをお家の大人達は.....


    子供の頃の素直な気持ちを持っていた頃は、
    誰もが見えたり聴こえたかもしれない事が

      今は....

    とっても寂しい事です。

    娘には子供の時に、色んな経験をしてもらいたい物です。

    クリスマスにおすすめです。

    投稿日:2009/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「急行「北極号」」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / だるまさんが / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



3月の新刊&オススメ絵本情報

全ページためしよみ
年齢別絵本セット