5〜6歳 ハイレベル 夏のおけいこ 5〜6歳 ハイレベル 夏のおけいこ
構成: 入澤 宣幸  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
夏のがんばり賞キャンペーン実施中!夏向け幼児教材売上No1!「できた!」「もっとやりたい!」が聞こえる夏に♪
まゆみんみんさん 40代・ママ

家庭学習の習慣になりようですね。
我が家の娘も、幼稚園児の頃、学研のドリ…

14ひきのあさごはん」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

14ひきのあさごはん 作:いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1983年07月
ISBN:9784494006199
評価スコア 4.79
評価ランキング 400
みんなの声 総数 237
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 美しい朝

    シリーズの中で、初めて読んだのがこの作品でした。
    当時はまだ息子も年少さんということもあり、短い文章&細部まで描きこまれた美しい絵にひかれたのです。


    1ページ目の森の朝、そして、まるきばしを渡る場面は、まるで絵の中からマイナスイオンがたっぷり出てくるような・・・。とっても清々しくて、思わず深呼吸したくなります。
    冷たい水で顔を洗う場面も、同じく気持ちよさそうです。


    森の美しい風景はもちろん素敵ですが、今回はやっぱり朝ごはんの場面が好きです。
    かまどで焼いたほかほかのどんぐりぱん、朝からパンを粉から作るとは頭が下がります。
    コトコト煮ているお父さん特製のスープ。良いにおいが今にもしてきそうです。


    美味しい朝ごはんを、家族全員揃ってお腹いっぱい食べて・・・。素敵な終わり方です。まさに理想の家族です☆


    同じシリーズの こもりうた が夜のお話なら、こちらはタイトル通り 朝のお話。雰囲気が本当に対照的で、読み比べてみても楽しいかもしれません。

    投稿日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 春の植物の絵が秀逸

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    国内500万部、海外150万部の超ロングセラー絵本シリーズ。
    おとうさん、おかあさん、おじいさん、おばあさん、そして兄妹10ぴきの物語なのですが、シリーズでこれだけ外れがないのも例がないのではないでしょうか?

    今回のお話は、ピクニック。
    行先は春の野原。
    家族団欒、自然の雄大さなどがいつもテーマになって描かれていますが、今回は特に14匹よりも自然に重きを置いた描写になっています。
    14匹を描く視線が遠くにあるのです。

    その分、自然界の営みが克明に描かれています。
    植物の説明が最初と最後にあるので良く分かりますが、さながら図鑑のような趣も醸し出している程です。
    一番好きな構図は、最後のタンポポ。
    主人公は、自分と主張しているのですが、見事な構図だと思います。

    いつもと少し変わった14匹の描かれ方だと思いますが、自然を感じることが出来る絵本です。
    ピクニックに行きたくなるようなそんな一冊です。

    投稿日:2008/08/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大家族の描写が素晴らしい

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    国内500万部、海外150万部の超ロングセラー絵本シリーズ。
    おとうさん、おかあさん、おじいさん、おばあさん、そして兄妹10ぴきの物語なのですが、シリーズでこれだけ外れがないのも例がないのではないでしょうか?
    その中で一番の発行部数を記録しているのが、本作品で101万冊に達しています。

    今回のお話は、あさごはん。
    早起きはやっぱりおじいさん。
    みんなで順番に顔を水で洗います。
    それから家族それぞれが、あさごはんの仕度にかかります。
    のいちごつみに行く者、スープつくり者、どんぐりの粉でパンを焼く者と皆が力合わせていく様は、今では見ることの出来ない大家族の姿。
    どこか羨ましく思えてしまいます。

    14の個性が丁寧に描かれているので、子供にとっては楽しい限り。
    見極めるのも、直ぐ出来ることでしょう。
    それと、何度も見ると新しい発見があること。
    ろっくんがとげを刺してしまい、家に着いたら赤チンを塗ってもらうシーンなんて、見逃してしまいますよね。
    本当に細かいところまで、描きこんでいると思います。

    表紙の裏描かれた木の家の断面図と、家のまわりの鳥瞰図も、とても良く出来ていて、この世界に飛び込みたくなること受けあいです。
    我家の必需品と言えそうです。

    投稿日:2008/04/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大人になっても好きな絵本

    私の大好きな絵本です。短い文章が綴られていますが、それ以上に絵が色んなことを語りかけてくれます。文章だけでなく、絵もとても素敵です!ただ読み聞かせるだけじゃなく、ねずみたちが何をしているか、虫や花がどこにいるか、子どもたちと一緒に探しながら進めていくのも楽しいですね。大人になってからも「この絵本、大好きだったんです。」と言ってもらえる、長く愛される絵本です!

    投稿日:2020/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な朝ごはん。

    • るらはママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    今回も素敵な「14ひきのねずみ」の家族のお話でした。

    今回のテーマは朝ごはん。
    朝ごはんといえば、あわただしくバタバタしたイメージが私にはあるため、この絵本に描かれていた朝ごはんには憧れてしまいました。

    いつもながら絵も素敵でした。

    投稿日:2020/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい絵にもほっこり

    • ほっこり日和さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子9歳、男の子7歳、女の子4歳

    優しい絵に心温まる家族の朝のワンシーン。癒される絵本です。
    文、言葉は少ないけれど、1ページずつじっくりゆっくり読みたい絵本。

    木のおうちから、虫や花、食事、自然がたくさん出てきて、ねずみ家族の柔らかな表情と丁寧なイラストとページをめくるごとにわくわくしています。

    このねずみたちの暮らしに憧れます。

    何度読んでも飽きない絵本です。

    投稿日:2018/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 細部まで眺めてしまいます

    賑やかな14ひきのねずみの一家が朝ごはんを食べる、何てことない日常が描かれているのですが、1人1人の行動が丁寧に描かれていて、細かい所まで見入ってしまいます。子供達はにっくんがほたるぶくろを顔にすっぽり被ってお化けの真似(?)をしているのを見て毎回大笑い。みんなで準備したどんぐりパン、きのこのスープ、のいちごのジュースとジャムを、外のテーブルで食べる朝ごはんなんて美味しいに決まってる!理想的な朝の始まりです。

    投稿日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな大家族

    こどものあだ名と同じ子がいるので、いつもそれを見つけて喜んでいます。
    大家族、いいですね。ないようで、実は一人ひとり役割があるのがわかります。自然の中に暮らす14ひきの大家族が、深呼吸したくなるような空気が綺麗そうな景色の中で食べるあさごはんにとても惹かれます。

    投稿日:2012/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみ一家は働き者

    文は各ページの下に一行だけで、それ以外のスペースは全部絵なので、絵を楽しめる絵本です。

    お話の所々に、「おねぼうさんは だれ?」などのように質問が入っているので、その答えを絵の中に探しながら読み進めるのがまた楽しかったです。

    朝起きてから朝ご飯までで1つの絵本ができてしまうぐらい、ねずみ一家の朝はやることがたくさんです。働き者のねずみたちに脱帽!

    投稿日:2011/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    これだけ有名なシリーズながら、今まで一度も読んだことがありませんでした。
    “11ぴきのねこ”みたいな仲間なのかなと想像していたけど、家族なんですね。
    14ひきの大家族、それだけで楽しいだろうなぁって、始まりからワクワクしました。

    対象年齢は3歳からとなっていますが、文章も短く、イラスト主体の絵本なので、もう少し小さい子でも十分読めますね。
    細部まで描かれた味深いイラスト、思わず見入ってしまいました。
    「まだねむそうなのだれ?」
    「ひとくち たべてみてるのだれ?」
    と各ページに問いかけがあるのも、子供の探究心を刺激します。

    家族14ひき、それぞれ名前と個性がある。とても温かい絵本ですね。

    シリーズを読破しようと思います!!

    投稿日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「14ひきのあさごはん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

だるまさんが / どんどこ ももんちゃん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / ぴっぽのたび / おやすみ、はたらくくるまたち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<後編>

全ページためしよみ
年齢別絵本セット