新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ

中国の昔話 九色のしか」 大人が読んだ みんなの声

中国の昔話 九色のしか 文:リン・シュウスイ
絵:リャオ・ジャンホン
訳:宝迫典子
出版社:あかつき教育図書
税込価格:\1,760
発行日:2020年05月
ISBN:9784867020296
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,609
みんなの声 総数 5
「中国の昔話 九色のしか」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 私はこの本を読ませて頂いて、とても感動しました。これはあらためて人間について考えさせてくれるお話だからです。私は薬草とりの男の気持ちがひじょうによくわかります。そして共感できるところがいっぱいありました。素晴らしいお話だと思います。

    投稿日:2021/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • わたし(主人公)は小鳥です
    王宮は砂漠に たっていた   そんな昔の中国の昔話です

    王妃は「どうしたら じぶんがうつくしくなれるだろう?」
    そんなことばかり考えていたのです
    そして 薬草に 人を美しくするのがあるからと 
    薬草取りに  取りに行かせるのです
    この薬草取りを 私は追っかけていくのです(飛んでいく)

    薬草取りは小鳥たちの話から 九色のしかを 水辺で見かけるのですが 見とれて・・・ 転げ落ち 川にはまったのを 九色のしかに助けられるのです

    美とは何でしょう? 王妃が求めた美とは?

    薬草取りは なぜ? 九色のしかとの約束を守れなかったのか?
    人間の心の 悪しき姿
    九色のしかは 愚かな人間に 何を教えているのでしょう?

    仏陀の 仏教の教えがこめられているそうです
    それを 読み取れるかは 読む人の 心かなと思いました

    投稿日:2020/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 薬草とりから学ぶこと

    小心者で強いものには逆らえず、約束よりも欲望を優先させてしまう、そんな要素を誰もが持っているのではないかと思います。
    そういう意味では、自らの浅慮で破滅する薬草とりを、笑い飛ばすことはできません。
    王妃さま、国王の威圧感に屈しなかったら、薬草とりは別の生き方をしていたでしょう。
    中国の昔話だから、現在の中国を考えると、薬草とりのような人間は少なからずいるのではないか。
    そう思うと、ちょっと辛口になりました。

    投稿日:2020/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 中国の昔話、と副題にありますが、
    不思議な題名と、古代シルクを模したという背景色にオーラを感じました。
    台湾の作家コンビによる作品です。
    実は、敦煌壁画に描かれた、ブッダのエピソードが基になっているようですね。
    神々しい鹿の姿は、そこからにじみ出ていたのでしょう。
    語り手は、何と一羽の鳥。
    こちらも神鳥のようで、日本に伝わったヤタガラスにあたるそう。
    道理で、未読のうちから、吸引力があったわけです。
    ある薬草取りのエピソードです。
    美を求める王妃の命により、薬草探しに出かけるのですが、
    川に落ちたところを九色(くしき)の鹿に助けられるのですね。
    ところが、このことを口外しないよう言われていたのに、
    欲にくらんで王妃に口を滑らせるのですね。
    神々しい鹿が、すごい存在感です。
    その教訓が身に沁みます。
    その背後にブッダの教えが立ち昇るように感じました。
    小学生くらいから大人まで、しっかりと感じてほしいです。

    投稿日:2020/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仏教のお話

    台湾の人気作家さんの絵本ときき、読んでみました。本の後ろに解説もありますが、敦煌の壁画にもある仏教のお話が、わかりやすく描かれています。小さな鳥の語りが新鮮で、影絵のような絵も素敵だな、と思いました。

    投稿日:2020/06/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「中国の昔話 九色のしか」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • まめぞうのぼうけん
    まめぞうのぼうけん
    出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ひとりぼっちの 小さな まめぞうは、大きな海へ とびだしました! 繊細な切り絵の世界は素敵です。


絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット