新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

ふーってして」 大人が読んだ みんなの声

ふーってして 作:松田 奈那子
出版社:KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2020年07月09日
ISBN:9784041091371
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,871
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 試したくなる

    色水に息をふきかけるとは、シンプルなのに、おもしろいです! 想像がひろがって、大人でもいろいろ試してみたくなります。 夏休みの子どもたちは家で遊べるのでぴったりですね。ふきかけたとき、自分でも思わぬ素敵な絵がうまれそうです。

    投稿日:2020/07/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • この絵本は 遊び方も書いてあって  色水をポトリとおとして

    そして ストローでふーって ふいたら いろいろに飛び散って きれいですね

    こんな 絵をかいて やってみたら 遊べますね

    さあ!   夏休みなんか 子どものアイデアで 遊べる絵本ですね

    投稿日:2020/07/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 吹き出し絵

    絵の具を使った吹き出し絵で構成された絵本ですね。ふーって読み手がするのも新鮮ですね。絵の具でやる前にこの絵本を読んで導入するのもいいかなと思いました。絵の具あそびの楽しさを引き出してくれる素敵な絵本ですね。

    投稿日:2020/06/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 楽しい時間

    全ページ、お試し読みで読みました。
    開いたところで、小学生低学年だった頃の夏休みを思い出しました。
    シンプルできれいな色。
    自分で、ふーっとしているような気分にさせてもらえる絵本ですね。
    色とりどりの絵の具は触っているだけで楽しいものですが、
    こういうのを子供の頃、よくやりましたね。
    思いがけないシルエットが生まれて、想像がふくらみます。
    この絵本からまた一歩、楽しい時間を持てそうだと思いました。

    投稿日:2020/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「いろみず」で遊びたくなりますね。

    絵で遊べる絵本です。
    見てるとマネしてやりたくなります。
    テキストは短く簡潔で、全部ひらがなで表記してありますが、あまり小さいお子さんでは理解が難しいかもしれません。

    絵具(いろみず)で遊べる年頃のお子さんにお薦めです。
    (4,5歳以上かな)

    わたしは、むらさきのいろみずを落としてはりねずみの親子になるやつが一番好きです。ハリのトゲが可愛かったです。

    投稿日:2020/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当にストローで吹いて制作

    色水を落として、ストローなどで、ふーってして制作された作品。
    もちろん、図案を予測して配置してあるのがすごいです。
    太陽、草はもちろんのこと、ひげや髪の毛など、愉快愉快。
    もちろん、「ふーってして」の掛け声付きの、読者参加型絵本。
    やはりクライマックスは、ラスト。
    この造形の美しさは、まさにアート。
    巻末には、読者も体験できるよう、指南書も。
    絵の具と水の塩梅、コツもよくわかりますね。
    幼稚園児くらいから、やはりチャレンジもしてほしいですね。

    投稿日:2020/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色水遊びがしたくなる

    最初のページには、黄色の色水がひとつ。
    絵本が、
    「ねえ ふーって して」
    と呼び掛けてきます。
    ふーってすると……。
    太陽が!!

    絵本は簡単にできるものから始まって、じょじょに難しくなっていきます。
    色水の数が増え、補足の絵も複雑になっていきます。
    ふーってするたびに、絵本がどんどん華やかになっていきます。

    たったひとつ、必ず存在して見守ってくれている色があります。
    それは、黄色の色水。
    黄色の色水が太陽として空に浮かび、じょじょに移動しながら、お子さんの喜びをサポートします。
    しかし、やがて太陽はなくなります。
    次に現れるのは……。

    最後のページで落ち着いた後、色水の作り方や遊び方の説明がなされています。
    お座りができるようになったお子さんから小学校に上がる前のお子さんに、良いような気がします。

    投稿日:2020/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい色水遊び

    ぽとり。
    絵の具を溶いた色水を画用紙に落とします。
    その色水にふーっと息をかけて、広がった色水を色々なものに見立て、お絵かきを楽しむというもの。

    おひさま、草、ハリネズミの針、猫のひげなどなど、いろんなものに変身する色水お絵かき。
    とても綺麗で楽しいのですが、出来上がる絵に意外性がなかったのがちょっと残念。
    えっ、最初のポツンからこんな絵が出来上がるの!?という驚きがもう少し欲しかったです。

    投稿日:2020/06/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ふーってして」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



今年2回目の西日本新聞社オススメ児童書コンテスト開催♪

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 1
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 8

全ページためしよみ
年齢別絵本セット