宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

むしたちのえんそく」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

むしたちのえんそく 作:得田 之久
絵:久住 卓也
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年05月
ISBN:9784494010561
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,709
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • むしがいっぱい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    こちらのシリーズがけっこう好きな子に読みました。
    今回もむしがたくさんでよかったです。
    このむしはどれ?と私に聞いたり、自分でさがしたりしながら楽しんでいるようです。
    エダシャクが枝に擬態しているシーンがお気に入り。

    投稿日:2017/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 水辺のむしたち

    むしたちシリーズ
    えんそくは水辺にいる虫たちが初登場
    スピードあふれる水上スキー
    はすの葉の上でお弁当
    水中バレエ
    ワクワクドキドキの冒険ストーリー
    楽しみながら水辺に住む虫たちの名前や特徴が
    理解できます
    たっぷり遊んだあとの
    帰り道がホタルみちだったのも素敵な
    しめくくりだなと思いました
    知らない虫がいっぱい登場してきて
    息子も楽しそうでした

    投稿日:2015/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫好きの息子が大ハマリ!

    虫が大好きな4歳の息子に読み聞かせ。

    クヌギ林の虫たちが、タガメ池へ遠足に出かけます。

    色々な種類の虫さんが、多数登場!

    虫好きの息子は、隅から隅まで食い入る様に見ていました。

    知っている虫さんがいたら、私に名前を得意げになって教えてくれました。

    気になった虫さんがいたら、虫の図鑑を自ら開いて調べたりもしていました。

    本当に好きなんだな〜と実感させられた瞬間です。

    最初から最後まで飽きないストーリー設定で、親子共々楽しむ事が出来ました。

    この絵本、イチオシです♪

    投稿日:2013/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • マニアック

    結構ふつう知らないというか、マニアック!?な虫たちが登場していたので、子供と一緒に勉強してました。図鑑とかが一緒にあったらもっと楽しかったかも!!虫たちが草むらとかを楽しく遠足しているのがとっても読んでいて楽しかったです。子供もハッピーな気持ちになってました。

    投稿日:2012/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 学べる絵本

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    たとえ絵でも、虫はイヤー!
    っていう虫嫌いの私ですが、これはギリギリセーフです。
    実物を想像するとダメだけど、そこまで考えないようにしてます(笑)

    4歳の息子は“むしたちの”シリーズ、すっかり気に入ったようです。
    めずらしい虫もたくさん出てくるし、「これってこんな名前だったんだ」って初めて知ることもたくさん。
    虫の生態や特徴もストーリーの中にうまく組み込まれていて、楽しみながら学べます。

    結構長めのお話です。

    投稿日:2010/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味津々

    それほど虫好きでも無いはずの娘が、興味津々で読んでいました。
    クヌギ林に住む虫たちが、タガメ池に遠足に行くというお話。
    娘がその中でも特に喜んだ場面は、水上スキーや水上ボートの場面と、水中散歩の場面。
    「ミズグモが作った空気のヘルメット」なんて、よく考えましたよね!
    面白いです。
    虫好きのお子さんは勿論ですが、虫たちの描き方がリアルでないので、虫が苦手なお母さんでも安心して読めそうです。他にもシリーズで出ているんですね。読んでみたくなりました。

    投稿日:2010/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 隅々まで見逃せない

    とっても楽しい「むしたちのシリーズ」の1冊です。

    今回のお話は、いつもの虫たちがみんなでそろって遠足に行くところ。
    絵はかなりデフォルメされているかわいらしい虫たちなのですが、ちゃんとそれぞれの生態に応じて行動しているのが楽しいです。
    ハナムグリがお花にすっぽりもぐりこんでいたり、かえるに驚いて逃げ出したエダシャクが木の枝のフリをして隠れていたり・・・。

    ページいっぱいに描かれた虫たちの様子。
    端っこの方で、かわいらしい虫たちの会話がこっそり行われていたりするので、隅々まで見逃せません!

    息子の大好きなこのシリーズ。
    私は正直言って虫が嫌いなのですが、このシリーズは楽しく読めますよ♪
    虫に興味があるお子さんにとってもお勧めです。

    投稿日:2008/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子の大好きな『むしたち』シリーズ。
    年少さんの遠足前に購入しました。

    おきまりのクヌギばやしのむし達が、クヌギばやしを出てタガメいけまで遠足に出かけます。
    途中、花の中からハナムグリの足が出ていたり
    めずらしいトンボが飛んでいたり…
    カエルにとおせんぼされるところでは,エダシャクの様子とそれをみている仲間の一言に笑ってしまいます。
    タガメいけでは、このシリーズ初登場の水辺のむしたちが出てきます。
    みんなで遊んで、お弁当を食べて、お昼寝…
    最後は空気のヘルメットをかぶって水中散歩とダンス鑑賞。
    このシリーズらしい、楽しく夢のあるむし達に出会えます。

    息子は水辺のむしたちに興味津々。
    でも、やはり本文いがいのところの細かい会話が楽しくて仕方ないようです。
    なかでもお弁当のとき、例のごとくどこかにいってしまうカマキリと
    『どこにいくの?』の仲間のセリフがお気に入りです。

    このシリーズは絵本として、もちろん楽しくておすすめなのですが
    別紙で登場するむしたちの紹介がついていて
    むしの特徴などわかりやすく説明してあるのが魅力のひとつだと思います。
    我が家は、それと図鑑を照らし合わせて
    『これはこんなむしなんだね〜』と探してたのしんだりもしています。

    投稿日:2008/09/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「むしたちのえんそく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / どうぞのいす / ぴょーん / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット