話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

月のしかえし」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

月のしかえし 作:ジョーン・エイキン
絵:アラン・リー
訳:猪熊 葉子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:1995年11月30日
ISBN:9784198603977
評価スコア 4.63
評価ランキング 3,345
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 五感で感じる絵本です。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子13歳

    しっかりと、読み応えのある物語絵本です。
    エイキンが紡いだ昔話に、アラン・リーの絵が命を吹き込んでいます。

    キーポイントの数字は7。
    7回もの繰り返しも、飽きることなく引き込まれます。
    波の音、風の音、バイオリンの音色が絵本の中に響いていました。

    異空間へ旅してきたような心地よい読後感にひたりました。

    投稿日:2010/03/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 幻想的で、怪奇的で、神秘的で

    「バイオリン」が上手になりたい。そんな願いをこめて、七晩続けて月に投げた靴。
    月がおこって、セッピーにひどい仕打ちをしました。
    その晩に生まれた妹のオクタビアは口がきけません。
    月が言った七年後に起こった怪奇な出来事。ゆうれい、怪物の登場と大混乱。
    その中でセッピーはバイオリンを弾き続けることで、月の呪縛から解放され、妹は口がきけるようになります。
    ヘンリー8世の時代。西洋の伝承文学の雰囲気と、スペクタクル映画の壮大さを持ったお話です。
    リーの絵も神秘的で、見る側に迫ってきます。
    ただ、7ってどんな意味なんだろう。
    7番目の息子を父親の7番目の息子のセッピーが、自分の願いのために7歳になって、7歳までの年ごとに履いた靴を月に投げる。妹のリーが呪いから解き放されるのが7歳。セッピーは14歳までの7年間を月に縛られるのです。
    ラッキーセブンだと思った「7」の意味。
    私の中に謎が残りました。
    月のクレーターをモチーフにするとこんな物語も出来るんですね。

    おまけですが、この絵本、文章がとても長い。
    私の話し方の抑揚のなさが大いに影響してか、息子は途中で疲れてしまいました。
    話に興味をもったのか、その後自分で読み直して納得の様子でした。
    内容のきめ細かさにとても味があるので、本人に読んでもらいましょう。

    投稿日:2009/08/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「月のしかえし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / どこいったん / かにのしょうばい / いろいろ ばあ / おかえし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット