話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ゆめぎんこう」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ゆめぎんこう 作:コンドウ アキ
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2020年10月02日
ISBN:9784592762751
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,191
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 柔らかい雰囲気の表紙からは想像していなかった感動。

    • もののんさん
    • 20代
    • ママ
    • 岡山県
    • 男の子5歳、男の子1歳

    「おきゃくさまのゆめをかって、ゆめのアメにかえ、そして、それをうる」
    「ゆめぎんこう」の不思議なお話し。
    ゆめぎんこうの店主ぺんぺんとゆめを食べるもぐもぐが日々ゆめの売り買いをしています。
    そんな仕事があまり好きではないぺんぺん。
    ある日、一人のおじいさんのところへ夢の買い取りに向かいました。
    人気が出そうな夢ばかり出てきて、もぐもぐはお腹いっぱいにゆめを食べます。
    まだまだ人気が出そうな夢が出てきそうでしたが、その後を後にしたぺんぺんたち。
    後日、その夢を受け取りに来たおじいさんから聞いたお話に、少しでもとお返しをします。
    心がグッと熱くなるような終盤のお話。
    読み聞かせで聞いている息子も、真剣な顔で聞いていて、何も語りませんでしたが、確かに感じてくれたと思います。
    このおじいさんの一途な思いに、読んでいる私も心が熱くなりました。
    毎晩寝る前に家族でぎゅっと手を繋ぎ、良い夢が見れますようにと静かに思います。

    子供だけでなく、大人や年配の方にも、読んでいただきたい1冊だなと思いました。
    感動的な物語ですが、柔らかい挿絵にも癒される素敵な絵本です。

    投稿日:2021/08/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • ゆめぎんこう

    「ゆめぎんこう」は夢を売り買いできる場所。
    誰かの夢を飴に替え、その飴を誰かが買う。

    夢でしかできないこと・夢でしか会えない人..
    素敵な夢の世界に引き込まれるかのような心温まるお話でした。
    大人も子どもも楽しめる一冊です。

    投稿日:2021/07/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • コンセプトはおもしろいけど・・・

    • きゃほさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳

    お客様の夢を買って、それを飴に変えて売る、ゆめぎんこう。
    優しい色合いの表紙と、ゆめぎんこうという不思議な響きの言葉に引かれて、中を読まずに購入しました。

    正直、表紙の雰囲気から、もっと明るいストーリーを想像していました。
    まさか亡くなった人の悲しみを抱えた人物が登場するとは。
    明るいイラストだし、ものすごくヘビーではないけれど、
    「死」を扱った絵本は私も娘もあまり得意なジャンルではなく、親子してほんの数回しか読みませんでした。

    もちろん客観視すれば、一途な想いに感動するとも言えるかもしれません。
    でもおじいちゃんに感情移入してしまうと、
    少し辛い気持ちにもなるというのが正直な感想です。

    ちがう角度から見れば、とても素敵な絵本ですし、絶賛されている方のレビューがほとんどで申し訳ないのですが、
    一意見として書かせていただきました。

    投稿日:2022/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ゆめぎんこう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / そらまめくんのベッド / 100万回生きたねこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


ボロボロ絵本コンテスト開催中!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット