虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まゆみんみんさん 40代・ママ

すごい!
こちらの絵本,子供が見てももちろんです…

ももたろう」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

ももたろう 作:松居 直
絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1965年02月
ISBN:9784834000399
評価スコア 4.8
評価ランキング 276
みんなの声 総数 101
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • これ!

    子供が産まれて昔話を語り継ぎたいと思い購入しました。ももたろうといえばこの本だと個人的には思っていたので迷わずこれを買いました。絵がやっぱり迫力があります。桃が「どんぶらこっこ」って流れてこないところがちょっと残念かな〜と思いましたが、昔ながらの古典的な言い回しも味があっていいなと思いました。このお話では最後お姫様と結婚するんですね。

    投稿日:2012/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力強い語りと絵

    ももたろうの歌を歌うのが好きな
    1歳9ヶ月の息子に。

    誰もがしっている桃太郎のお話。
    力強い絵と、昔話特有の語り口で読み手も
    ぐいぐい物語に引き込まれます。
    短い内容ではないので、読みたがった息子も
    途中で飽きてしまうのではないかと思いましたが、
    最後まで夢中になって聞いていました。
    それだけ語りや絵に魅力があるのだと思います。

    これからもたくさん読むことになりそうです。

    投稿日:2012/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • この本!

    子供にも絶対語り継ぎたい昔話のナンバーワンといえばやっぱりこれ、桃太郎。さすがに有名なだけあって、いろんな方が書かれた桃太郎が出ています。が、私は桃太郎、といえばこの絵のイメージだったので、これを買いました。水彩画がとても良いですし、ここで使われている言い回しも昔風でとても気に入りました。子供にはずっとずっと大事にしてもらいたい1冊です。

    投稿日:2010/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心がきれいになる

    娘が1歳半位から、なぜか大好きで何度も何度も読んだ絵本です。

    何冊かの‘ももたろう’を読み比べ、このももたろうを選びました。
    桃太郎の人柄?に惹かれました。
    悪い鬼の話を聞き、鬼を退治しに行こうと、おじいさんおばあさんに両手をついて行かせてくれるよう頼みます。心配なおじいさんおばあさんは、行かないでくれといいますが、必ず倒して帰ってきますと約束し鬼が島へ向かいます。見事鬼を退治した桃太郎は、鬼の差し出す宝物には目もくれず、お姫様を助け、おじいさんとおばあさんの元にもどり、
    おじいさんおばあさんと末永く幸せに暮らします。桃太郎の‘生き方’がとてもきれいだなと、純粋に感動しました。

    昔話って、ちょっと怖かったり残酷だったりするものが結構多くて、小さい子供に読むのをためらうこともありますが、これは安心して、というかぜひぜひ読み聞かせたい絵本です。

    投稿日:2009/07/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ももたろう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

みんなの声(101人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット