新刊
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

「答えのない問いに向き合う力」をはぐくむ新感覚の絵本

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
ぼく、いいたい ことが あるの

ぼく、いいたい ことが あるの(評論社)

やっと言えた「さようなら」…心を揺さぶる絵本。

  • 泣ける
  • ギフト
  • ためしよみ

ぽとんぽとんはなんのおと」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぽとんぽとんはなんのおと 作:神沢 利子
絵:平山 英三
出版社:福音館書店
税込価格:\1,100
発行日:1985年02月
ISBN:9784834001365
評価スコア 4.86
評価ランキング 62
みんなの声 総数 48
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぽとんぽとんは春の音

    冬眠しているクマの親子の会話です。
    いろんな音に敏感な子熊が、何の音かお母さんに尋ねます。
    こどものなぜなぜなあにによく似ています。
    一つ一つの疑問に答えるお母さんの、愛情が伝わってきます。
    長い冬ごもりで、外界の様子を感じながら、春の音を聞く時の清々しさが膨らんでいくお話です。

    投稿日:2023/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬ごもり

    春をまちわびながら冬ごもりをしている
    くまの母子。
    外の世界を知らない小熊たちの質問に
    母熊がやさしく答えてあげます。
    静かな温かい絵本です。
    子供は大人より音に敏感で
    「これなんの音?」と息子もよく聞くので
    お話もよく理解して楽しめた様子でした。

    投稿日:2015/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 添い寝しながらの読み聞かせにピッタリ

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子4歳

    ママと子供達のあったか〜い関係が、すっごい安心感を与えてくれて、ママも子供もぬくぬくの気持ちになります。
    これからの季節、寝る前に是非、枕元に一冊!です。

    投稿日:2011/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春のおとずれ

    小さな子どもたちは、くまが冬眠することを知りません。

    そんな子どもたちにも物語の中で、くまは冬眠するんだよっていうことが自然にわかる絵本だと思います。

    冬眠中、こぐまたちに聞こえる穴の外の音。

    それは、子どもたちにとってきっと何の音なんだろう?とワクワク、ドキドキする音に聞こえるんでしょうね。

    この音は何?って聞くこぐまたちが、なんにでも興味をもつ年齢になったわが子に重なる絵本でした。

    春のおとずれを感じる絵本。まさにこの時期にもってこいの絵本じゃないかな〜と思いました。(もう少し早く手もよいのですが・・・)

    投稿日:2008/04/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぽとんぽとんはなんのおと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?


えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

みんなの声(48人)

絵本の評価(4.86)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット