もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

黒グルミのからのなかに」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

黒グルミのからのなかに 作:ミュリエル・マンゴー
絵:カルメン・セゴヴィア
訳:とき ありえ
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年07月
ISBN:9784890138982
評価スコア 4.3
評価ランキング 16,510
みんなの声 総数 9
「黒グルミのからのなかに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 死を受け入れるということ

    中一の教室で読み聞かせしました。
    妙に不思議で、とても印象が強い作品です。
    病に伏した母親のために、ポールは浜で出会った死神を叩いて、叩いて、叩いて…、握りつぶして、黒グルミの中に閉じ込めて、海に放り投げます。
    このポールの強さは何でしょうか?
    いろんな意見がありそうですが、自分は「無心」という言葉があてはまるような気がします。
    あれほど怖い死神も少年の無心の行動には太刀打ちできなかったのです。
    しかし、死神を封印するということは、命の流れを止めてしまうことでした。
    この世の中の何一つ息絶えることが亡くなったのですが、それは自然の営みを壊すことでした。
    考えると、私たちは多くの「死」に命を支えられているのです。
    お母さんは、自分が死から逃れたことよりも、生死の流れを止めてしまったポールを諭します。
    お母さんの表情、ポールの表情がこの絵本の中で、とても印象的でした。
    自分の死を受け入れようとする母親。
    この感覚にはとても立てないのですが、ポールが死神を探し出して解放するところはさらにとても印象的。
    母親を死を認めることですから。
    お話は単純にそのようには終わらないのですが、多くの示唆に満ちています。

    仲間たちと読みあわせた中で、この絵本の絵の不思議さを感じました。
    近くで見ているよりも、読み聞かせで離れたところから見ると、地味のようでくっきりと浮かんでくるのでした。
    何か、貼りあわせたような絵。
    セゴヴィア自身がこの物語を自分の解釈で表現しているのだと思いました。
    読み聞かせ、誰かに読んでもらうことでこの絵本の良さがさらに感じられると思います。

    投稿日:2011/03/19

    参考になりました
    感謝
    3

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「黒グルミのからのなかに」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / わすれられないおくりもの / おじいちゃんがおばけになったわけ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット