もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

わたしの」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

わたしの 作:三浦 太郎
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784772101899
評価スコア 4.52
評価ランキング 6,008
みんなの声 総数 55
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • わたしの、はドレ?最後が笑えます

    いろんなものが3サイズあって、「わたし」のはコレ、というのを選びます。3つから選ぶので、一人っ子には良いと思います。一番最後のページはオチがあって、バナナ、みかん、苺のうちどれが私の?苺、、、だけじゃなくてぜーんぶ!みたいな結末だったので、あるある、と思って笑ってしまいました。

    三浦太郎さんご本人の読み聞かせ会で読んでもらいましたが、そばにいた女の子がラストで「ぜーんぶわたしのに決まってる!」といったので笑っちゃいました。そしたらうちの娘は「でもママとパパのなくなっちゃうよ、、、、?」と小さい声で言ってくれました。優しい子に育ってママは感激です。

    そう考えるとラストは違う結末でもよかったかも?(笑)

    投稿日:2011/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな事が嬉しいんだね!

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    2歳くらいの時期にピッタリの絵本です。
    娘は3歳ですが最近欲張りで・・・
    「これ!○ちゃんの!」「ダメ!これ○ちゃんの!」と両手でがっしり抱えて取られない様に必至^^;
    この絵本の「わたしの」とは意図が違いますが、娘のセリフと同じなので読んであげました。

    大きな○○、、中くらいの○○、小さい○○、わたしのどれかな?の繰り返し。
    単純なんだけど「これー!」と自分の物を選び決めるのが嬉しいみたいです^^
    娘はまんまとこの絵本の意図に喜んでました〜!
    「これ!○ちゃんの〜!」「これっ○ちゃんの!」と嬉しそうに☆

    小さい子って「自分の物」に対してこれほど嬉しいもんなんだと気付かされました。
    大人じゃ普通すぎてよほど貴重な物じゃない限りそんなに感動しないもんね・・・
    でもよくよく思い出してみると確かに喜んでた〜!
    もっと早くに読んでいればよかったなぁ〜!><

    ちょっと出会うのが遅かったけれど、ギリギリタイムリーだったのでよかったです♪
    できれば2歳の時に読みたかったです。
    何気ない小さい子の喜びに注目した絵本です。

    投稿日:2008/11/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「わたしの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(55人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット