話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ
新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

ラッセルとクリスマスのまほう」 大人が読んだ みんなの声

ラッセルとクリスマスのまほう 作・絵:スコットンロブ
訳:とき ありえ
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784579404360
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,350
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 魔法だってありえる!

    まさに、クリスマスシーズンにぴったりなクリスマス当日前に読みたい絵本に思いました。
    クリスマスはね、魔法のようなことも起こっても何の不思議もない日なのかも!
    クリスマス雰囲気を盛り上げるのに、絵本はいいな〜と毎年思う親の私です。

    投稿日:2019/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見えない魔法

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    サンタクロースの新解釈、といったところでしょうか。
    ひつじのラッセルがクリスマスの準備をしていると、流れ星に遭遇、
    そのせいで、クリスマスの魔法が解け、サンタクロースの姿が見える、
    というわけです。
    でも、そりがめちゃめちゃでクリスマスは取りやめか、というところで、
    ラッセルの大活躍!
    ラッセルを見直してしまいました。
    このクリスマスの魔法、という視点が新鮮です。
    なるほど、夢があっていいですね。
    ポップなサンタクロース一行ですが、
    オーソドックスに伝承どおりのトナカイの名前が付けられていて、
    このあたりの按配が絶妙です。
    コンピューターグラフィックスのような不思議な遠近感があって、
    独特の世界観が素敵でした。

    投稿日:2011/12/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ラッセルとクリスマスのまほう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / だるまさんが / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ


【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット