新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ

宮沢賢治の絵本 オツベルと象」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

宮沢賢治の絵本 オツベルと象 作:宮沢 賢治
絵:荒井 良二
出版社:三起商行(ミキハウス)
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784895881166
評価スコア 4.22
評価ランキング 20,350
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵と言葉使いが息子のお気に入り

    3歳3ヶ月の息子に図書館で借りました。
    息子も私も大好きな荒井良二さんの絵。

    これも難解な童話ですね。
    オツベルと白い象は何のシンボルなのか。
    なぜ、象なんだろう。そして象なのに「サンタマリア」なんてキリスト教なの?
    インドでなくてアフリカ象?
    オツベルも西洋風(ドイツ風?)の名前だけれど、小麦じゃなくて稲をあつかっているし。
    イメージできる国や時代がごちゃごちゃになります。
    宮沢賢治にとって、そんなことはどうでもいいのとなのかもしれません。
    オツベルのことも、白い象のことも、
    何を象徴しているとか、そんなことではなく、
    今の私には、難しいことは考えずに字面そのまま受け取って
    素直に読めばいいのだと思えてきました。

    そして、荒井さんの絵が本当にすてき。
    私の読んだことのある「オツベルと象」とはまるで別物のようです。
    (ちなみに、私は幼いころ読んだ父の蔵書では「オッペルと象」というタイトルでした)
    象たちの怒りの赤い表現は迫力がありますし、
    なんというか、リアルな表現ではなく、ちょっとおとぎ話風で、
    かつこの無国籍な感じの表現も、荒井さんならではです。


    3歳の息子は、大好きな乗り物本以外は、
    かなりの確立で絵の好き嫌いで絵本の好き嫌いが決まります。
    まだ、文章では全てのストーリーを全ては理解できない分、
    絵をよく見ているからではないかと思われます。
    そして、ちょっと変わった言葉の使い回し(「のんのんのんのん」というオノマトペなど)、登場人物の仕草などで喜びます。
    この本はそんなところで気に入ったよう。
    荒井さんの絵と宮沢賢治の不思議な表現などが、何となく、
    彼の身体に残っていけばいいと思います。


    最後の奥付に牛の絵が描いてある、なんでだろう??と思ったのですが、
    これは牛飼いが物語ったのですよね。

    投稿日:2014/06/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「宮沢賢治の絵本 オツベルと象」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



石川宏千花さん、書店員・兼森理恵さん 対談インタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット