新刊
なんでもレストラン

なんでもレストラン(文溪堂)

いらっしゃいませ!なにが食べたいですか?次々出てくる料理に、読んでいるだけでお腹が空いてくる絵本

  • かわいい
  • ためしよみ
話題
魔女がいっぱい

魔女がいっぱい(評論社)

この冬話題の映画「魔女がいっぱい」の原作本です!

  • びっくり
  • その他

宮沢賢治の絵本 オツベルと象」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

宮沢賢治の絵本 オツベルと象 作:宮沢 賢治
絵:荒井 良二
出版社:三起商行(ミキハウス)
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784895881166
評価スコア 4.22
評価ランキング 20,363
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 解釈が難しい作品

    大学生の時、ゼミで発表した作品です。

    絵が荒井良二さんということでどんな絵本になっているのか興味がありました。

    読んでいて大学生の頃、この作品についてよく調べたことを思い出しました。

    「白象」、インドでは象は神聖な動物で、この象は白いということで希少性を表しているとか、賢治が資本主義や搾取社会を批判的に見ていたというようなことです。

    宮澤賢治というといろいろな作品がありますが、この作品は解釈が難しい作品だと思います。

    終わり方も「あれこの一文はなに?」というようなこともあり、今読んでも難しいなあと思いました。

    白象を助けに仲間の象が向かっていく場面はとても迫力を感じました。赤が効果的に使われていて印象に残りました。

    投稿日:2009/09/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 独特な音の表現

    荒井良二さんの色鮮やかで可愛らしい絵を楽しみながら、ワクワクと読み進めたのですが、途中からおはなしは思わぬ方向へ。
    「のんのんのんのん」「グララアガア、グララアガア」という独特な音の表現が、恐ろしさを際立たせます。
    真っ赤に描かれた、ページいっぱいの象の群れはとても迫力がありました。

    投稿日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「宮沢賢治の絵本 オツベルと象」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はれときどきぶた』40周年おめでとう!<br>作者・矢玉四郎さんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット