あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」

イワン、はじめてのたび」 大人が読んだ みんなの声

イワン、はじめてのたび 作・絵:池田 あきこ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1993年
ISBN:9784593592128
評価スコア 4.44
評価ランキング 8,758
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • イワンの誕生日

    できれば、シリーズの「ダヤンのたんじょうび」を読んでからのほうが、楽しめるかなと思いました。
    お話の冒頭で、ダヤンが誕日について尋ねる場面があるので、「ダヤンのたんじょうび」を読んでいると、その理由に納得するかと思います。
    イワンは、ママと小さな頃に離れる大決心をして、この世界にきたのですね。
    その勇気に驚きます。

    投稿日:2012/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 行ってみたいなァ〜

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子11歳

    どちらかというと、大人向きかな。
    池田あきこさんの独特な世界観があって、
    わちふぃーるどという不思議な国のおはなし。
    そこは、動物たちがおしゃべりしたり、
    おかしな妖精や魔女たちがいて、
    ねこのダヤンたちが、活躍しています。

    そんな住人のひとりが、わにのイワン。
    彼が、この不思議な世界に始めてきた時のおはなしを
    聞かせてくれました。
    ここでは、地球のことをアルスといいます。
    ダヤンもイワンも、そのアルスからきた住人でした。
    イワンがどんな旅をしてきたのか、
    読めば読むほど、わくわくしました。
    小さなイワンが、コウノトリのシュービルさんの
    長いくちばしでつまみ上げられたとき、
    どうなるかと思いました。
    イワンの小ささに驚きましたが・・・

    イワンと森の素敵な関係にも、ご注目!
    そうだったんだ〜と、心がほっこりしました。
    そして、イワンの誕生日を祝うかのように、
    森中の花と花がいっせいに咲くシーンは、素敵です!

    イワンのように、こんな不思議な世界に行けるのなら、
    行ってみたいな〜と思いました。

    不思議大好きな大人におすすめ。

    投稿日:2011/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人向けかな?

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子4歳、男の子1歳

    小さなイワンが、お母さんのいるアルスから、このわちふぃーるどにやってきた時のお話です。

    月を通り抜けて、わちふぃーるどにやってくる、という設定が
    不思議大好きな私にとっては、がっつりツボでした♪

    森の木や花が話を聞いてたりするところとか、
    寓話的にまとまってて、どっちかというと大人向けかもしれません。

    子どもの視点からだと、お母さんがなによりも全てなので、
    イワンがお母さんと離れてまで、自由を求めたのか
    理解するのは難しいでしょうし、また、理解させるためのお話でもないと、
    個人的には思います。

    マザーグースとか、外国の昔話に近いものがあるかも。
    私は個人的には好きです☆

    投稿日:2011/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワニなのに、とってもかわいい。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ワニのイワンは、森の見張り番です。
    イワンは、動物園で生まれたのですが、広い場所を求めて、郵便局の局長のカバンに入って、旅をして、たどり着いたところが、森だったのです。

    ちょっぴり不思議な冒険の旅の様子、想像しながら、なんだかとってもワクワクしました。
    冒険をするきっかけや、どうやって運ばれたのかのいきさつ、なかなかユニークです。
    表現の仕方は、ワニの体の感じがよく出ていて、またダヤンとは違った描き方です。でも、ワニなのに、かわいく感じました。
    さて、ダヤンが、わちふぃーるどにどうやってたどり着いたのかも、いつか話してもらいたいものです。

    投稿日:2009/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「イワン、はじめてのたび」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



老舗のパン工場、バケバケベーカリーの工場見学にきませんか?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット