まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

トイレのおかげ」 大人が読んだ みんなの声

トイレのおかげ 文:森枝 雄司
絵:はらさんぺい
写真:森枝 雄司
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784834022964
評価スコア 4.78
評価ランキング 503
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • トイレ!!!

    日常の生活にはとても身近で欠かせない「トイレ」。
    そんなトイレの歴史や世界各国のトイレについて書かれた1冊です。
    そういえば、新婚旅行でアメリカに行った時に、現地在住の日本人ガイドさんから「ウォシュレットは日本ならではのもでアメリカでは珍しい」という話を聞きました(笑)。
    トイレ1つでも文化があるのですね〜。

    投稿日:2019/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 古今東西のトイレ

    表紙に載せられた、ユニークな人形の数々にまず目を惹かれます。
    そう、題名から推察するに、あの時の体勢。
    古今東西のトイレのエピソードを紹介する本です。
    ちなみに、表紙の人形は、れっきとしたクリスマス人形だそう。
    その訳も、諸説紹介され、納得です。
    本文は、著者の旅日記のような語り口で、その驚きまで伝わってきます。
    考察は、トイレの形態から作法などなど、史料も駆使しての、壮大なレポートです。
    関連グッズの資料も豊富で、素晴らしいです。
    いろいろな視点からの考察もできそうです。
    人間の大事な営み、じっくりと考えることも大切だと思います。
    小学生から大人まで、ぜひ、考えてほしいです。

    投稿日:2018/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • トイレはいるでしょ

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    トイレの歴史、文化、進化などを見た気がします。
    ページをめくるごとに
    「えーーー!」でした。
    今のトイレが当たり前だと思って読むと
    衝撃をうけます。
    窓からウンコを捨てる国があった。
    おしりを拭くのに棒を使う時代があった。
    ベルサイユ宮殿にはトイレがなく
    婦人はスカートの中でこっそり。しかもあちこちで。

    今は下水道が整備されていて本当に良かったです。
    1年生の娘には難しかったようです。

    投稿日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「トイレのおかげ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット