あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくもの
作: 大久保 雨咲 絵: 相野谷 由起  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
こころがふっとかるくなる あたたかいおはなし

ぐりとぐらのおきゃくさま」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぐりとぐらのおきゃくさま 作:中川 李枝子
絵:山脇 百合子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1967年06月
ISBN:9784834001013
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,907
みんなの声 総数 226
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • クリスマスに

    もうすぐクリスマス。ぐりとぐらのクリスマスにはステキなお客様が。
    ぐりとぐらのおうちに、大きな長ぐつが、オーバーが、えりまきが、帽子が。
    だれかがおうちにきています。ドキドキしながら誰かなどこにいるかな、と探します。
    それはとっても素敵なお客様。そしてとっても素敵なプレゼント。
    そして最後はいつものお友だちもいっぱい来て、本当に楽しいクリスマスです。
    クリスマスは大人にも子どもにも楽しみでウキウキします。待ち遠しいクリスマスを思いながら読みました。

    投稿日:2012/10/29

    参考になりました
    感謝
    2
  • クリスマス!?

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳

    ぐりとぐらのシリーズから何か一冊・・・と思ってこちらを借りてきました。読んでいて途中から、「これはクリスマスのお話?」と気がつく感じでした。
    最後まで「サンタクロース」という言葉は出てこないのですが、「絶対サンタさんや!」って息子も気がついた様子です。
    ぐりとぐらの留守に、なぜかサンタさんが二人の家で大きなケーキを焼いて去っていくという、なんともふしぎなお話でした。
    息子はそれほど気に入らなかったようで、一度しか読みませんでした。

    投稿日:2016/06/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぐりとぐら冬の巻

    クリスマス絵本にしては、ちょっと派手さとインパクトには欠けるように思います。なんせ、サンタクロースって言葉も、クリスマスの朝プレゼントを枕元に置く定番シーンも無いもんで。
    でも、ぐりとぐら好きなら逆にぐりぐら絵本では定番の美味しいお食事シーンはあるし、ぐりぐらの掛け合いもたっぷり。ぐりぐらの家の様子もよく分かって、とっても楽しめること請け合いです。
    クリスマス絵本だからこれ、ではなく、ぐりぐらが好きだからクリスマスにこれ、というのが一番ピッタリではないでしょうか。
    ちなみに、我が家の息子は3歳からこの内容がよく分かって楽しめるようになりました。
    ぐりぐらは春のピクニックというイメージが強いのですが、冬のバージョンもまた素敵ですよね。二匹の着てるコートや帽子もとっても可愛いですよ。

    投稿日:2013/02/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • シンプルなクリスマスの絵本

    3歳1ヶ月の息子と一緒に読みました。
    ぐりとぐらが私は大好きで、息子も好きかな?と思って見ていますが
    息子は普通なようです。
    何かクリスマスの本が欲しいなと思って書店で選らびました。
    読んでみると、お客様はサンタさんのようだけれど、サンタさんとは
    一言も書かれていません。
    そして、一般的に描かれているプレゼント(おもちゃ)を持ってきてくれるサンタさんともちょっと違う。
    でも、それがなんだか新鮮でした。同時にそれが物足りなくもあるのですが。
    ぐりとぐららしい、クリスマスの絵本だと思います。

    投稿日:2012/12/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • クリスマスシーズンに必ず読みます

    毎年、クリスマスシーズンに必ず読む本。
    おなじみ「ぐりとぐら」のいえに
    素敵なおきゃくさまがやってきて、
    ケーキを焼いてくれます。

    とっても大きく、おいしそうなケーキです。

    いいにおいにつられてやってきた
    おおぜいのともだちと一緒に、
    ケーキを食べているページが、
    みんなとても幸せそうで大好きです。

    投稿日:2011/11/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • サンタクロース!!

    ぐりぐらシリーズは大好きです。
    この本はたまたま外出先の待合室にあり、息子に読み聞かせたら
    とてもたのしそうに喜んでいたので購入しました。
    ぐりとぐらが大きな足跡をみつけ、その足跡をたどると一軒の家にたどり着きます。
    そこはぐりとぐらのお家で、ふたりがいつものようにコートや手袋や靴下をいつもの場所にかけようとすると、もうそこにはかかっていて
    家の中に人影を探すと、キッチンからカステラを焼くにおいがしてきて
    サンタクロースさんがふたりにケーキを焼いてくれていました。
    サンタクロースさんは、次の場所へ出かけるためにすぐに出発してしましますが、素敵なケーキのプレゼントをもらい、大勢のお友達が美味しそうなにおいに集まってきてみんなでケーキを食べ楽しいときを過ごしたというお話です。
    いつも沢山のお友達と一緒にみんなで楽しく・・・。
    絵もとても素敵で、本当にぐりぐらはとても素晴らしい絵本だと思います。

    投稿日:2011/08/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょっとした推理小説!?

    私自身も子どものころに読んだはずなのに、すっかり忘れてしまっていました。
    読み終わったあと、「何でこんなにおもしろいお話を忘れてしまったんだろう」と自分でも驚きました。

    雪の上に残された足跡を追って、なぜか自分たちの家に着いてしまったぐりとぐら。
    「足跡の正体は何?!」とドキドキしながら読み進められる本書は、ちょっとした推理小説のようでした。
    そして、読んだあとに見返してみると、こんなにも「足跡の主」のヒントがあるのに気づかなかったことが悔しくなります(笑)

    「さすが長年愛され続けているぐりとぐら!」と、脱帽するしかない作品です。

    投稿日:2019/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • このシリーズ大好きです。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    ぐりとぐらのシリーズはタイトルだけではわからないけれど、何気にその季節季節をテーマとしたお話があり、1年を通してこのシリーズを楽しませてもらっています。
    クリスマスを前に読みました。サンタさんのアイテムや特徴を元に、
    二人の留守の間に家にやって来た謎の人物を予想していくのが楽しい絵本です。
    普通に考えたら、不法侵入と思ってしまいますが、そう言いたくなる気持ちをうんと堪えて(笑)、楽しく読みました。

    投稿日:2019/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬に読むといいです

    大型絵本です。雪遊びをしているところからはじまります。「おきゃくさま」のイラストが、思っていたのと違ったようで、1回読んだときはあまりピンとこなかったようでしたが、何回も読むうちにわかるようになりました。おいしそうなケーキがでてきます。

    投稿日:2017/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最初はイマイチな反応でしたが

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    「ぐりとぐら」に大喜びした息子に、シリーズの2冊目として読みました。
    最初は、一作目でお気に入りだった「ぐり、ぐら、ぐり、ぐら」の繰り返しのセリフがなかったのでちょっとテンション低めの反応でした。
    でも繰り返し読むうちに、足跡の主を探していくストーリーと終盤登場するケーキや見覚えのある動物たちに喜ぶようになりました。
    やはり、ぐりとぐらシリーズは名作ですね。

    投稿日:2015/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぐりとぐらのおきゃくさま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

よるくま / おおきくなるっていうことは / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット